GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

5月29日 対ソフトバンク2回戦・PayPayドーム

ウィーラーの2ランで先制も 5被弾で今季初の3連敗

写真

初回、先制2ランを放ったウィーラー

写真

6回、適時打を放った中島

写真

マルチ安打の岡本

 PayPayドームで行われた福岡ソフトバンクホークスとの2回戦。5つの本塁打を浴びて、3-8で敗戦した。

 先発のA.サンチェスは初回をテンポよく3者凡退に抑えたが、2回に柳田、長谷川の2者連続本塁打で同点に追い付かれた。さらに、4回に甲斐に2ラン、5回にまたも長谷川に3ランを浴びて大きく突き放された。サンチェスは4被弾、5回途中7失点で降板となった。

 後を継いだ2番手・沼田翔平も6回に松田にソロ本塁打を許して、この試合計5被弾で8点を失った。

 打線は初回、先頭の松原聖弥が中前打で出塁すると、続くZ.ウィーラーが2球目を中越えに運んで7号2ラン。幸先よく先制した。6回には、吉川尚輝、岡本和真、J.スモークの3者連続安打で1死満塁の好機を作り、続く中島宏之が右前適時打を放って1点を返した。

 しかし、それ以降は得点できず敗戦。今季初の3連敗を喫した。ソフトバンク戦は2019年から交流戦、日本シリーズあわせて11連敗となった。

 今日のハイライトをジャイアンツライブストリームで配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!

監督インタビュー

(先発のサンチェス投手)いいところにいけば抑えられるし、甘いところにいけば

Q:先制しましたが、サンチェス投手が持ちこたえられませんでした

いいところにいけば抑えられるし、甘いところにいけば、というところでしょうね

Q:2日続けて、4本、5本とホームランを浴びました

明日がんばります

Q:打つ方では、中島選手が結果を出しています

そうですね。勇敢に立ち向かっていますね。デッドボールを怖がらずにですね

順位表