GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

6月3日 対西 武3回戦・東京ドーム

9回2死から追いつかれ今季9度目の引き分け 炭谷が今季1号も

写真

移籍後初対戦の内海から2ランを放った炭谷

写真

中島は本塁打を含む2安打2打点の活躍

写真

6回途中1失点と試合を作ったサンチェス

 東京ドームで行われた埼玉西武ライオンズとの3回戦。終盤に追いつかれ、4-4で引き分けた。

 打線は西武に移籍後初対決となった先発の内海から初回、2死から吉川尚輝の四球と岡本和真の二塁打で二、三塁のチャンスを作った。中島宏之が中前タイムリーを放って1点を先取。2回には無死一塁で同じく内海から炭谷銀仁朗が今季1号となる2ランを放ち追加点を挙げると、5回には中島のソロ本塁打も飛び出して得点を重ねた。

 来日初の中4日で登板となった先発のA.サンチェスは、5回まで無失点投球。6回、先頭の森にソロ本塁打を浴びて1点を失うと、後続にも安打を浴びて2死二、三塁とされたところでマウンドを降りた。2番手の大江竜聖はこのピンチを抑える好リリーフを見せた。

 7回に鍵谷陽平が代打の川越にソロ本塁打を浴びて1点を失ったが、その後は高梨雄平、中川皓太が無失点で繋いだ。9回は畠世周がマウンドに上がったが、四球と安打などで2死満塁のピンチを招くと、土壇場で栗山に2点タイムリーを浴びて追いつかれた。9回の攻撃で得点を挙げられず、今季9度目の引き分けとなった。

今日のハイライトをジャイアンツライブストリームで配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!

監督インタビュー

(畠について)本人は深く反省しているところだとは思いますけどね

Q:9回は畠投手がしのげませんでした

畠は先発やっているから、気持ちもよく分かっているというなかで投げさせましたけれど。まあでも、2点でよく抑えたっていうことじゃないでしょうかね。本人は深く反省しているところだとは思いますけどね

Q:攻撃では中島選手が頑張りました

4点目のホームランも非常に大きいと思いました。結果的にはあれで引き分けに持ち込んだっていうところでしたね

Q:炭谷選手も攻守でみせました

いいですね、非常に

Q:内海投手と初対戦でした

ドームのファンの人たちも大きな拍手でしたね。やはり彼が歩んできたジャイアンツでの道というものは、非常に正しく、ファンの人たちは歓迎したというところですよね

順位表