GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

6月8日 対オリックス1回戦・京セラD大阪

9回2死から松原の適時三塁打で今季10度目の引き分け

写真

9回、同点の適時三塁打を放った松原

写真

5回無失点の今村

写真

猛打賞を記録した亀井

 京セラドームで行われたオリックスバファローズとの1回戦。松原聖弥が土壇場で適時三塁打を放ち、3対3で引き分けた。

 打線は1回、松原が先頭打者本塁打を放ち、幸先よく先制する。5回には、松原とZ.ウィーラーの連打で1点を追加し、2点をリードする。しかしその後は、オリックスの投手陣を前に抑え込まれ、得点を奪えない。

 先発の今村信貴は1回、2死一、二塁のピンチを背負うが、モヤを打ち取り無失点で切り抜ける。その後も3回、4回にそれぞれ得点圏に走者を背負うが、要所を締める投球で得点を許さず、5回を三者凡退に抑えて降板。5回被安打3、無失点と先発の役目を果たし、中継ぎ陣にマウンドを託した。

 6回を畠世周、7回は鍵谷陽平、大江竜聖、高梨雄平の投手リレーでそれぞれ無失点に抑えるが、8回に6番手で登板した中川皓太が3点を失い、逆転を許した。

 打線は9回に、先頭の亀井善行が二塁打を放ち出塁すると、2死後から松原が中越え適時三塁打を放ち、土壇場で同点に追いついた。

 9回裏を、9番手のT.ビエイラが3者凡退に抑え、リーグ最多、今季10度目の引き分けに終わった。

 今日のハイライトをジャイアンツライブストリームで配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!

監督インタビュー

2点を守れず、最後に1点を取り返した

Q:9回は何とか追いつきました

2点を守れず、最後に1点を取り返したというところだと思います。(松原は)今日は非常にいい役割をしてくれましたね

Q:9回先頭の亀井選手はよく二塁打を放ちました

もちろんもちろん。ああいうプレッシャーのかかる場面で見事なバッティングですね

Q:投手の方は7回は何とか0点で抑えましたが、8回の中川投手が守り切れませんでした

そうですね。本人は何て言うか、次につなげるものがあるでしょうけど、(1死後の)フォアボールが納得いかないでしょうね

順位表