GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

10月13日 対阪 神24回戦・東京ドーム

松原が球団歴代2位タイの27試合連続安打も 今季19度目の引き分け

写真

27試合連続安打の松原

写真

7回2失点と好投の菅野

写真

初回、先制打を放った岡本

 東京ドームで行われた阪神タイガースとの24回戦。菅野智之が7回8安打2失点と粘投、初回に松原聖弥が27試合連続安打となる左翼線二塁打を放ってチャンスを作り先制に成功するも、3回以降得点を奪えず2-2の引き分けとなった。

 初回、先頭の松原が左翼線二塁打を放ち、27試合連続安打をマーク。2008年のラミレスの記録に並び球団歴代2位の記録となった。

 打線は続く坂本勇人の中飛、丸佳浩の四球で1死一、三塁とすると、岡本和真が犠飛を放って先制に成功。2回には、松原の二ゴロの間にZ.ウィーラーが生還し勝ち越した。しかし3回以降は、阪神救援陣を前に菅野の1安打のみに倒れて得点を奪えなかった。

 先発の菅野は2回、3安打を許して1点を失ったが、中田翔の好守もあり最少失点に抑えた。しかし4回、坂本の左越えソロ本塁打を浴びて再び同点に追いつかれた。5回以降は、走者を出しながらも要所を締めた投球で追加点を与えない。菅野は7回2失点と力投し、試合を作った。

 8回を2番手・中川皓太、9回をT.ビエイラがそれぞれ無失点に抑えて、打線の援護を待つ。

 9回、ウィーラーがフェンス直撃の右中間二塁打、続く代打・中島宏之が内野安打を放って1死一、三塁の好機を作るも、後続が倒れて2-2の同点に終わった。

 今日のハイライトをジャイアンツライブストリームで配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!

監督インタビュー

(目覚めない打線について)みんな日々新たにやっているわけですからね

Q:最終回はあと1本が出ませんでした

何とか、何とかコンタクトしてくれるとね、っていうのはあったんですけど。三振、三振でしたね

Q:打線はなかなか目覚めませんが

それは、みんな日々新たにやっているわけですからね

順位表