GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

11月6日 対阪 神1回戦・甲子園

菅野が7回無失点の好投 ウィーラー3打点 CSファイナルステージ進出王手

写真

7回無失点と好投した菅野

写真

5回、先制の適時打を放った吉川

写真

2本の適時打を放ったウィーラー

 甲子園で行われた阪神タイガースとのクライマックスシリーズ・ファーストステージ1回戦。菅野智之が7回無失点の好投、Z.ウィーラーの2本の適時打など、投打がかみ合い4-0で快勝した。2勝先取の超短期決戦で初戦を白星で飾り、ファイナルステージ進出に王手をかけた。

 打線は、阪神先発の高橋の前に4回までわずか1安打に抑えられるも5回、先頭の丸佳浩が内野安打で出塁すると、ウィーラーの犠打でチャンスを演出。続く中島宏之が右前安打でつなぐと、吉川尚輝が先制の中前適時打を放ち、先取点を奪った。

 6回には、2死から坂本勇人の左前安打と丸の四球でチャンスを作ると、ウィーラーが中堅フェンス直撃の適時二塁打を放ち、2点を奪った。さらに8回にも、松原聖弥の二塁打を皮切りに2死一、三塁のチャンスを作ると、ウィーラーがこの試合2本目となる適時打を放ち、4点のリードを奪った。

 先発の菅野は、阪神打線を4回まで1人の走者も許さない完璧な立ち上がりを見せる。5回に初安打を浴びるも、小林誠司が盗塁を阻止し、ピンチを抑える。6回にも死球と二塁打で2死二、三塁のピンチを背負うが、後続を断ち無失点で切り抜けた。7回を3者凡退に抑えたところで降板。7回を98球、被安打2無失点と圧巻の好投を披露して、中継ぎ陣にマウンドを託した。
 
 8回は、2番手のR.デラロサが無失点に抑える。9回は3番手のT.ビエイラが二死満塁のピンチを背負ったところで降板するも、4番手の畠世周が後続を断ち、リードを守り切った。4人の投手リレーで阪神打線を無得点に抑えて快勝した。

 レギュラーシーズン3位からクライマックスシリーズ・ファーストステージを戦ったのは2010、2011、2018年以来4度目(2位では他に2度)。そのうち10年と18年はファイナルステージに駒を進めている。

 3位巨人が下克上でのファイナルステージ進出に王手をかけた。

 今日のハイライトをジャイアンツライブストリームで配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!

監督インタビュー

先勝できたということはありますけれど、また明日は新たなスタートで

Q:丸選手のヘッドスライディングからいい形が生まれました

慣れない打順だったかもしれませんが、非常にバットが振れているということと、(坂本)勇人と丸というリズムを崩したくなかったということでした。気迫ある打撃と気迫ある走塁でしたね。一塁へのヘッドスライディングは決して褒められたプレーではないですが、気持ちというか本能というか、そういうものが、ああいうプレーに出たのかと思います

Q:ウィーラー選手が3打点

非常に献身的なプレーヤーですし、今日は大きな仕事をしてくれたと思いますね

Q:菅野投手も7回無失点の好投でした

非常にいい投球、見ていても切れ味鋭いというか、いい投球をしてくれたと思います

Q:先手を取り、あと1勝です

いやいや、一戦一戦という中で、先勝できたということはありますけれど、また明日は新たなスタートで戦っていきます

ヒーローインタビュー

「0点に抑えていい流れを作れたので良かった」7回2安打無失点で勝利に導いた菅野投手

写真

Q:7回2安打無失点、今日は素晴らしいピッチングでした 

立ち上がりをすごく気を付けていたので、それなりに抑えることができたと思います 

Q:今日はどのあたりが良かったですか 

ストレートが走っていたので序盤はストレートを多めに投げることができて、相手打線に意識付けられたことが良かったと思います 

Q:エースとしてクライマックスのいい流れを作りましたね 

相手ピッチャーの高橋投手はジャイアンツから1点も取られていないということで、ある程度投手戦になることは覚悟していたんですけど、その中で0点に抑えていい流れを作れたので良かったです 

Q:一番のピンチは6回の二塁、三塁のピンチ。近本選手との対戦で、ストレートで押していくピッチングでした 

マウンドに集まった時に、キャッチャーの小林が強気でいくぞと、力強い目で僕に勇気を与えてくれたので、集中力を切らさずに勝負できたと思います 

Q:今日は小林選手とのバッテリーでした。相手バッターに的を絞らせないイメージがありましたが 

序盤は真っ直ぐ、カーブ、フォークとあまりやらない攻めだったんですけど、それがあって中盤、終盤にスライダーやカットボールが生きたと思います 

Q:打つ方では岡本選手がベンチ外でしたが、チームの雰囲気はいかがでしたか 

みんな声も出ていましたし、(岡本)和真も本人が一番辛い思いをしていると思いますし
、ここまで来られたのは間違いなく和真のお陰なので、何とか勝ち進んで彼が打席に入る姿を見たいと思います 

Q:ウィーラー選手が、2本のタイムリーなど3打点。一番のムードメーカーが決めてくれましたね 

本当に彼が打つとチームも盛り上がりますし、投手戦ではありますけど、彼が口火を切ってくれたので、盛り上がったと思います 

Q:明日以降に向けて力強い一言をお願いします 

まだまだ戦いは始まったばかりなので、しっかり気持ちを締め直して次に向かいたいと思います 

順位表