GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

11月10日 対ヤクルト1回戦・神 宮

吉川がマルチ安打も クライマックスシリーズ・ファイナルステージ痛恨黒星で0勝2敗に

写真

2安打の吉川

写真

4回3失点で降板した先発の山口

写真

2番手の戸郷は2回無失点

 神宮で行われたヤクルトとのクライマックスシリーズ・ファイナルステージ1回戦。吉川尚輝が2安打を放つ活躍を見せるも、先発の山口俊が4回3失点と試合の主導権を握れず、打線はヤクルト先発・奥川に散発の6安打で完封を許し、0-4でファイナルステージ初戦を落とした。ヤクルトのアドバンテージ1勝があるため、0勝2敗となった。

 先発の山口は初回、村上の遊飛の間に三塁走者の生還を許し先取点を奪われると、サンタナに2ランを浴び3失点。その後は無失点に抑えたが、4回3失点で降板した。

 打線は3回、吉川がチーム初安打となる右前打を放ったが後続を断たれた。5回にはZ.ウィーラーの左前安打、1死後に、吉川がマルチ安打となる右前安打を放ち、一、三塁と得点機を迎えたが、代打・亀井善行が左飛、代打・八百板卓丸が見逃し三振に終わり、無得点に終わった。

 5回からは2番手として戸郷翔征が登板。戸郷は走者を出しながらも2回を無失点に抑える好投を見せた。しかし、3番手の畠世周が塩見に適時二塁打を浴び1失点。4点のリードを奪われた。

 反撃したい打線は7回、8回と走者を出すも、無得点。最終回も先頭打者の若林晃弘が左前安打を放つもヤクルト先発・奥川の前に最後まで得点を奪うことができずに完封負け。痛恨の黒星を喫して、0勝2敗(ヤクルトのアドバンテージ1勝を含む)となった。

監督インタビュー

わかりやすい反省点が多いから、明日また切り替えて行きます

Q:山口投手は立ち上がりに失点しました

なかなかちょっとフォローはできないですよね。結果的に最初の3点というのが、やっぱり大きい3点になりましたね

Q:風によって難しいプレーもありました

まあしかし、こっちも0点ですからね。まあ明日、逆に思い切って切り替えられるというか、打線においてもピッチャーにおいても、という点でね

Q:3回、吉川選手が先頭でヒットで出塁しましたが、走者を進められませんでした

もちろん、そういうものが得点に結びつかなかったということでしょうね。1番2番3番もそうだし、なかなかつながらなかったというところですね。しかし、わかりやすい反省点が多いから、明日また切り替えて行きます

順位表