GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

5月29日 対日本ハム3回戦・札幌ドーム

岡本の通算150号で一時同点も 投手陣が崩れ敗戦

写真

通算150号を放った岡本

写真

好リリーフを見せた戸田

写真

5回に犠飛を放ったウォーカー

 札幌ドームで行われた北海道日本ハムファイターズとの3回戦。1点を追う2回、岡本和真の通算150号となる15号ソロで同点とするも、投手陣が崩れ、2-7で敗戦した。

 先発は先月11日に支配下復帰を果たした横川凱。今季初登板を先発マウンドで臨んだ。横川は初回、1死一、三塁から野村の内野ゴロの間に、先制点を献上。同点に追いついた2回も、1死二、三塁から内野ゴロの間に失点。勝ち越しを許した。3回こそ無失点に抑えたもの、4回、先頭に四球を許すなど無死満塁としたところで横川は降板。後を受けた畠世周だったが、3連打を浴び3点を失った。畠に代わって登板した戸田懐生も、万波に適時内野安打を許し、この回4点目を奪われた。しかし、戸田はその後も続投し、3回2/3を1失点と粘投を見せた。

 打線は2回、先頭の岡本が日本ハム先発・根本の初球を捉え、打球は右翼ポール際へ。通算150号となる岡本の一発で同点に追いついた。5点を追う5回は、立岡宗一郎、岸田行倫の安打、丸佳浩の四球で1死満塁とすると、A.ウォーカーの左犠飛で1点を取り返した。

 追いつきたい打線だったが、6回以降は日本ハムのリリーフ陣に1安打しかできず。最終回も無得点に終わり、2-7で敗戦。前カードに続いての同一カード勝ち越しはならなかった。

 今日のハイライトを GIANTS TV で配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!

監督インタビュー

(3番手で好投した戸田投手について)彼がいたことでリリーフ陣も助かりましたね

Q:横川投手は先頭を出して中々リズム作れませんでした

うーん…そうですねえ…。もう少しできる人だと思うですけどね。期待をして投げせたということですけど、細かいこと言っても仕方ないですね

Q:その中で戸田投手は試合を締めました

頑張りましたね。彼がいたことでリリーフ陣も助かりましたね。よく立て直してくれましたね

Q:岡本選手はこの広い札幌ドームで逆方向に

なんかきっかけになればいいんですけど、まだ本来の、というところではないでしょうね

Q:150号。改めて主砲の存在感

まだまだ通過点ではあるし、いつだって今日より明日という気持ちを持ち続けることが大事だと思います。数字というものは後になって付いてくるものと本人も思っていると思います

順位表