GIANTS
OUR NEW EXP.
SCROLL

新しい観戦体験を東京ドーム過去最大規模のリニューアルで

ご来場いただくすべての皆さまに、ジャイアンツの世界を五感で存分にお楽しみいただけるよう、場内のLEDビジョン新設や入場ゲート/コンコースの刷新、多様な観戦スタイルに対応した観客席の設置を行うほか、完全キャッシュレス化や顔認証技術の導入などDXも加速させます。
2022年3月オープン戦からの稼働開始を予定しています。

OUR NEW LED VISION

日本最大級のメインビジョンを新設

リボンビジョンや照明制御システムとの
連動で飛躍的に高まる「一体感」

新たなメインビジョンのサイズは横幅約125メートル、面積1,050㎡。従来のビジョンと比較して面積は約4.4倍に拡大します。画質の面でも国内のプロ野球場では最高レベルとなり、高精細映像を使った迫力あるシーンをお楽しみいただけるようになります。

SWIPE
  • クリーンサイズ:
    (上段横長部分) 横約125.6m×縦約7.5m
    (中央下段部分) 横約20m×縦約5.4m
     合計面積約1,050㎡

  • 像度:
    (上段横長部分)12,560×750ピクセル
    (中央下段部分)2,000×540ピクセル

  • インビジョンに加え、東京ドームとして初めてリボンビジョンを設置します。
    横幅はライト・レフトの2面合計で約107mに。
    演出映像を鮮やかな色彩で送出するほか、ホームラン時などはメインビジョンと連動することで、場内の一体感をより強くします。

  • 内のLED照明器具約650台をDMX連動(※)によって制御するシステムも導入します。
    映像や音響と連動させた照明パターンが可能となり、躍動感ある球場内演出が実現できます。
    (※)DMX=DMX512。512チャンネルのデジタル信号を送受信することができる通信規格。

    画像提供:竹中工務店

OUR NEW DESIGN

ゲート/コンコースのデザイン刷新

約260台のデジタルサイネージと新たな
デザインで「ジャイアンツの世界」へ

各入場ゲートから客席に到着するまで、ジャイアンツの世界に没入していただくため、ゲートやコンコースのデザインを抜本的に見直します。快適で洗練された空間へと生まれ変わります。

  • 京ドームのメインゲートである22ゲートでは、大型LEDディスプレー3面に加えて、16本の天井LEDディスプレーが設置され、非日常的な空間をより一層お楽しみいただけます。

    22GATE
  • 2F CONCOURSE

    内コンコース等に設置される約260台のデジタルサイネージにより、座席から離れていても、これまで以上に多くのエリアで試合映像や演出映像を見逃さずにお楽しみいただけます。

  • ャイアンツファンの専用ゲートである25ゲートでは、横9m×縦2.5mの大型ディスプレーで様々なジャイアンツコンテンツを表現し、入場直後のお客様をお出迎えします。

    25GATE
  • 25GATE(外観)

    入場ゲートのデザインも一新します。なかでも25ゲートは、ジャイアンツカラーを施し、中央にプライマリーマークを装飾し、象徴的なゲートへと刷新します。 *その他のゲートのデザインは後日発表する予定です。

OUR PAYMENT SYSTEM

東京ドームは完全キャッシュレス化

お客様の待ち時間短縮と
接触機会の減少を目的に

場内の全売店、客席販売、場内チケットカウンターなどにおいて、完全キャッシュレス化を実施します。 身軽で多彩なキャッシュレス決済で、より快適でスムーズなお買い物やスタジアム観戦をお楽しみいただけます。
なお、場内には「DXサポートデスク」を設置し、初めてキャッシュレスを利用されるお客様への丁寧なサポートも行っていきます。

  • モバイルオーダー対象店舗の拡大
    場内グルメをスマホから注文できるモバイルオーダー。来シーズンから1階グルメストリートの店舗など、対象を大幅に拡大します。
    ※対象店舗の詳細等は後日発表します。

  • 顔認証入場および顔認証決済の本格導入
    東京ドーム巨人戦における入場や、場内飲食物販店舗での決済方法として、事前登録いただいた顔画像による認証を一部の入場レーンおよび店舗にて本格導入します。
    ※顔画像の登録方法など詳細は後日、読売ジャイアンツ公式ウェブサイト等で発表します。

OUR NEW SEATING

新しい観客席

個性的な座席とサービスで
新しい野球の楽しみ方を

グループ席の新設や既存エリアの拡張、改装を実施します。座席の形状や材質に個性を出すだけでなく、各席種での観戦体験をイメージした付帯サービスまで設計し、ユニークさを追求しました。

THE 3rd PLATINUM BOX

スタンド内のソファ席で観戦

1階席3塁側スタンド内に、白を基調としたソファをL字に配置。寛ぎながら観戦ができる4人定員のグループ席です。熱気に包まれたスタンドの中で、一線を画した高級感と上質なサービスをご提供します。

SKY TERRACE

2階席でカジュアルにグループ観戦

2階席の前方ブロックに位置する、クッション性のある座面やカウンターがついたベンチソファタイプのグループ席です。ご家族同士やご友人同士でカジュアルに野球観戦をお楽しみいただけます。

MASU CABANA

半個室でグループ観戦

2階コンコースに位置する半個室のグループ席です。前方にソファセット、後方にカウンター席を配置したレイアウトで、リゾートさながらのリラックスした気分で観戦しながら、グラウンドの臨場感も感じられる座席です。

CRAFT COUNTER

カウンター指定席、カウンター指定立ち見

2階コンコースに位置するペア観戦用のカウンター席です。外野スタンドの熱気を味わいながら、気軽に野球観戦が楽しめる座席です。※料金や販売方法は詳細が決まり次第発表します。

観客席エリアの拡充

  • 車椅子席エリアの増設および付添者用座席のリニューアル

    これまで22席だった車椅子席のエリアを30席分に増やし、グラウンドが見渡せる両翼寄りに移設します。
    付添者用の座席は、クッション性能も向上した座席にリニューアルします。

  • ダイヤモンドボックスの増設

    バックネット裏に位置する最高ランクのシート「ダイヤモンドボックス」を、現在の160席から290席に。
    フードデリバリーの対象店舗を増やすなど、今まで以上に高品質なサービスをご提供します。

  • マススイートの増設

    日本の伝統的なグループ観客席である「枡席」をコンセプトに設置した「マススイート」を、ご好評につき1塁側に2部屋増設します。

  • JCB バックスクリーンクラブ専用ラウンジの改装

    レフト側のラウンジについて、ライト側同様にグラウンド面の壁をガラス張りに。特別な景色を見渡せるようになります。

↑ シーズンシートサイトはこちら ↑

OUR NEW HOSPITALITY

最上のおもてなしを

PREMIUM LOUNGE

プレミアムラウンジ

誕生以来初となる大幅リニューアルを行います。お客様をお迎えするエントランスからラウンジエリアに至るまで全面的にリフォームし、高級感漂う内装に生まれ変わります。専用のプレミアムバーも新設します。

  • 座席は、茶系の柔らかい合成皮革に変わり、肘掛にカップホルダーを備え付け、座面のクッションも厚みが増すなど、 高級感に加え機能性も向上した座席となります。

  • ビュッフェエリア イメージ図

  • ビュッフェのリニューアルと料金改定
    従来のメニューに加え「ふかひれ入り汁そば」のライブキッチンでの提供や、ホットドッグ、ナチョスといったボールパークメニュー、カップケーキや季節のゼリーなど充実したスイーツを取り揃えます。
    ※ビュッフェ券の当日販売価格は3,700円(税込)となります。

  • 後楽園飯店料理長監修「ふかひれ入り汁そば」
    今回のメニュー刷新の目玉の一つが、後楽園飯店料理長・稲飯龍典氏が監修した「ふかひれ入り汁そば」です。伝統の中華スープに鶏肉と豚肉からとった濃厚な出汁を加えたスープに、ふかひれの細切りを入れたオリジナルメニューです。

THE SUITE TOKYO

ザ・スイート・トウキョウ

グラウンドを一望できる3階エリアに位置する28室のスイート倶楽部を、新たに「THE SUITE TOKYO」としてリニューアルします。エントランス、廊下、各個室、客席のすべてをリニューアルし、ご提供する料理にも新たなメニューを加えて、より上質で、特別な空間としてお客様をおもてなしいたします。

清潔
安全
快適

世界トップレベルの清潔・安全・快適な

スタジアムを目指す取り組みの継続

東京ドームにおける新型コロナウイルス感染防止対策とDXについては、今後もハード・ソフト両面で継続的に施策を行っていきます。また、環境への配慮として、場内における各種ごみの総量削減およびリサイクル率の向上にも努めます。

新型コロナウィルス
感染拡大防止へのこれまでの取り組み

MORE NEW EXP. WILL BE COMING

上記のリニューアルやDXに加え、東京ドームにおける2022年シーズンからの読売ジャイアンツ公式戦では、演出アトラクションや場内各種サービスについても刷新する予定です。
詳細は随時発表しますので、どうぞご期待ください。

※すべての完成予想図は計画段階の図面を基に描き起こしたもので、施工上の都合等により変更となる場合があります。