ヴィーナスが11月に3園を訪問 ダンスで園児と交流

2019.11.27

 ヴィーナスの「幼稚園・保育園訪問」が、11月は東京都内の3園で行われ、計148人の園児たちとダンスやゲームなどで交流しました。読売巨人軍の社会貢献活動「G hands」の一環で、訪問先の全園児に「TOKYO」の文字が刺しゅうされたオリジナルキャップをプレゼントしました。

 11月6日に訪問した調布市の「ココファン・ナーサリー国領」では、3歳児から5歳児まで37人が参加。 園児に呼ばれて登場したヴィーナスは、まずは「闘魂こめて」のダンスを披露。その後、ジャビットも登場すると園児のみんなは大盛り上がり!

 元気いっぱいの園児とまずは音楽に合わせてストレッチなどの準備運動、その後全身を使ってじゃんけんをする「体じゃんけん」や、スキップをしながら動物のまねっこをする「スキップ大会」をして体を温めました。

 後半はいよいよダンス体験。ヴィーナスからオレンジ色のポンポンを配り、ヴィーナスの動きをお手本にみんな一生懸命踊ってくれました。何度か曲に合わせて練習をした後、先生たちに向けて発表会を行いました。

 その後、ヴィーナスから園児全員にオリジナルキャップがプレゼントされました。すると、サプライズで園児から手作りの折り紙でできたブーケがお礼にジャビットへ手渡され、大感激!笑顔いっぱいの訪問時間になりました。

<11月の訪問園>
6日 調布市・ココファン・ナーサリー国領
16日 杉並区・國學院大學附属幼稚園
25日 町田市・かりん保育園