東京の伝統工芸とコラボレーション、第三弾は「多摩織」ネクタイ、名刺入れ、ストールを発売

2024.5.17

グッズ

 東京の伝統工芸とコラボレーションする「粋」シリーズの第3弾は、ジャイアンツ球場と同じ「三多摩地区」の中心都市・八王子を拠点に製造されている「多摩織」です。  古くから桑都(そうと)と称され、養蚕、織物産業が栄えた八王子で、昔ながらの手織り機とシャトル織機を使い、その技術を継承してきた伝統工芸品の「多摩織」。古来伝わる技法を守りながら、現代に合う色柄を工夫し、纏う人を想い、何よりも風合いにこだわって多種多様な布を織り続けています。  今回はオレンジとグレーを基調とした2種の生地を織り上げ、ネクタイと名刺入れに仕立てました。オレンジ基調の生地には「YG」ロゴを、グレー基調の生地には「TG」ロゴを入れています。  ストールは、1枚の布を二重に織り、生地の間に風が通るような空間が生まれることから「風通織」と呼ばれ、阿部慎之助監督が定めた今季のチームスローガン「新風 ~GIANTS CHALLENGE~」を意識した逸品となっています。  ジャイアンツ公式オンラインストアでは本日5月17日(金)から販売を開始します。東京ドームのGIANTS STORE(一部店舗を除く)では5月30日(木)から取り扱います。 <「粋」シリーズ> 球団創設90周年を記念して、本拠地・東京と共にさらに進化していく巨人軍の姿勢と、「粋」の字の中に隠れた「九十」を掛け合わせ、東京の伝統工芸とコラボレーションしたグッズを展開します。 商品一覧】 ・多摩織ネクタイ(YG、TG)     各19,800円 ・多摩織名刺入れ(YG、TG)    各14,300円 ・風通織ストール              47,300円 ※金額はすべて10%消費税込み ※織り上げた生地を使用しているため、1点ごとに柄が異なります ※商品のお届け時期は、各商品ページをご確認ください 【GIANTS STORE取り扱い店舗】  ・GIANTS STORE PREMIUM (22ゲート横) ※取り扱い店舗は変更になる場合があります

多摩織ネクタイ(YG)
多摩織ネクタイ(TG)
多摩織ネクタイ(YG)裏
風通織ストール①
風通織ストール②
風通織ストール③
多摩織名刺入れ
多摩織名刺入れ(YG)内側
多摩織名刺入れ(TG)内側

▼コラボ織物を手掛けた、澤井織物工場 代表・澤井伸さんコメント  小学生のころ、“巨人、大鵬、玉子焼き”という言葉がありましたが、それが当たり前のような時代でした。長嶋さんは技術と独特なキャラクターで、王さんはホームランで茶の間を賑わせていたのを覚えています。  今回の90周年の記念の品物を作るにあたり、多摩織の5種類の中から紬織と風通織をアレンジしました。ネクタイも、名刺入れも、ストールも巨人軍カラーに合わせてオリジナルで製作しました。

作業の様子
作業の様子
生地