モタ選手の初本塁打が飛び出すも…投手陣が制球難で連敗

チーム

    写真
    九回一死、モタ選手が初本塁打

     マツダスタジアムで行われた広島東洋カープとの11回戦。同点で迎えた三回、先発の畠投手が押し出しを含む4四球、2番手の田中豊投手も2四球とこの回計6四球に3安打で6点を勝ち越されます。四回にも3番手の大江投手が2本の本塁打で3失点。大量のリードを許します。一方の打線は、二回に丸選手のソロ本塁打で一時同点に追いつくも、広島先発の大瀬良投手に8回散発6安打で2得点と捉え切れません。最終回には、途中出場のモタ選手が一軍初本塁打となる2点本塁打を放つも、4対10で2連敗となりました。

     試合の詳細はこちらから

      一覧に戻る