岡本選手が先制打放つも、投手陣が10四死球の乱調…3点リード守れず逆転負け

チーム

    写真
    四回、先制の適時二塁打を放った岡本選手

     東京ドームで行われた中日ドラゴンズとの13回戦。巨人は四回、岡本選手の適時二塁打で先制し、中島選手の適時打で追加点を奪います。五回には丸選手の適時打で3点目を挙げました。先発田口投手は毎回走者を許しながらも無失点に抑えていましたが六回、堂上選手の適時二塁打などで3失点し、同点とされます。七回には鍵谷投手が阿部選手に決勝の2点適時打を浴び、3対5で逆転負けを喫しました。巨人は投手陣が10四死球を与える乱調で、連勝は3でストップしました。

     試合の詳細はこちらから

      一覧に戻る