読売巨人軍が協力!オリジナル防災備蓄ゼリー9月下旬に発売

グッズ

    写真
    写真

     株式会社読売新聞東京本社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:山口寿一)と株式会社ワンテーブル(本社:宮城県多賀城市、代表取締役社長:島田昌幸)はこの度、株式会社読売巨人軍の協力のもと、オリジナル防災備蓄ゼリー(LIFE STOCK※)を開発し、9月下旬(予定)より発売いたします。

     本製品には読売グループによる東日本大震災復興支援の一環で福島県国見町産のリンゴ果汁を使用しています。また、産学連携プロジェクトとして、IT・デジタルコンテンツの専門学校HAL東京の学生が、選手の姿や背番号をあしらったパッケージデザインを制作いたしました。

     本製品を通じて、復興支援を継続していくとともに、防災意識の啓発にも一層取り組んで参ります。

    【製品概要】
    読売巨人軍LIFE STOCK 1セット6袋入り(100g×6袋)
    販売価格 2,000円(税抜、送料別)
    *ジャイアンツオンラインストアなどで発売

    ★読売巨人軍 菅野智之選手会長(投手)コメント
     「巨人軍と我々選手たちは社会貢献活動「G hands」に取り組んでいますが、今回、防災備蓄ゼリーの開発に協力できることをうれしく思います。万が一を想定した準備が大切なことは、野球でも同じです。自分の身は自分で守る行動を起こすことが家族や大切な人たちも守ることができます。これを機に、少しでも多くの人が防災への意識を高めていただければうれしいです。“WITH FANS”、ともに乗り越えましょう。」

    (※)防災備蓄ゼリーLIFE STOCK(https://lifestock.jp/
     災害発生直後は水が不足するという東日本大震災での実体験を元に、水が無くてもエネルギー確保することを可能にした非常食。特別な技術開発を経て、常温で5年保存できるゼリータイプの備蓄食です。

      一覧に戻る