菅野投手が「コロナ対策サポーター」就任

チーム

    写真

     読売ジャイアンツの菅野智之投手が1日、政府の「コロナ対策サポーター」に委嘱されました。

     「コロナ対策サポーター」は、新型コロナウイルス感染症への知識や理解を深めることを目的とした政府の普及啓発活動に協力します。西村康稔・新型コロナウイルス感染症対策担当大臣から委嘱され、任期は来年3月31日までの予定です。任期中は、新型コロナウイルスの感染拡大防止を呼び掛けるメッセージの発信や名刺の配布などを行います。

     菅野投手は今年4月、新型コロナウイルス治療の最前線で働く医療従事者を支援することを自ら提案し、原辰徳監督、阿部慎之助2軍監督、坂本勇人選手、丸佳宏選手とともに総額5000万円を東京都に寄付しました。これがきっかけになって、当球団の岩隈久志投手、田口麗斗投手らも医療支援の寄付をするなど、球界全体に医療界を支援する動きが広がりました。また8月に入ってからは、政府の新型コロナウイルス感染防止動画にも出演するなど、これまでも啓発活動に積極的に加わってきました。

    <菅野智之投手コメント>
     「プロ野球界、そして読売巨人軍も、野球ができる環境を維持できるよう、3密を避けるなどの感染防止策を講じています。サポーターは重責ではありますが、コロナウイルスに負けないためにできることを、ファンの皆さんと一緒に考えていきたいと思います」

      一覧に戻る