9月21日以降の東京ドーム主催試合入場者数上限の引き上げについて

チケット

     NPBの臨時実行委員会が本日12日に開催され、9月19日以降のプロスポーツなど大規模イベントの入場制限が収容人員の上限50%に緩和されたことを受け、同日以降のプロ野球セ・パ両リーグの公式戦についても、政府の方針に沿って、入場者数の上限を12球団それぞれの判断で引き上げることが決まりました。

     これを受け、東京ドームで開催する9月21日の広島戦以降の公式戦では、入場者数を上限19,000人に引き上げて入場券を販売します。入場券の販売と配券にあたっては、座席の前後左右の間隔をあけるなど、引き続き新型コロナウイルスの感染拡大防止に努めてまいります。

     入場券販売枚数の変更やそれに伴う販売方法等の変更に関する詳細は、決定し次第、後日お知らせいたします。

      一覧に戻る