河村康輔氏とのコラボレーションにより東京ドーム場内外にグラフィックアートを制作

2022.03.01その他

 東京ドームのリニューアルに合わせて、ドーム場内・場外の壁面や階段にグラフィックアートが完成しました。東京を代表するデザイナーであり、ファッションブランドとのコラボレーションや空間デザイン、アートワーク制作を数多く手掛けるグラフィックデザイナー・河村康輔氏とのコラボレーションによるもので、河村氏オリジナルのアートワークに加え、読売巨人軍、そして後楽園球場から東京ドームへと受け継がれる伝統をモチーフにしたグラフィックアートです。2日(水)のオープン戦よりお披露目となり、皆さまをお迎えします。

<設置場所>
■東京ドーム場内壁面 計12か所(各入場ゲート内壁面およびコンコース壁面)
■東京ドーム場外   計3か所(22ゲート上部および、王ゲート・長嶋ゲート階段)
※装飾の最大サイズは22ゲート上部で、横約28メートル×縦2.4メートルです。

<該当箇所写真(一部)>

<span style="display: block; text-align:center;">25ゲート内壁面</span>
25ゲート内壁面
<span style="display: block; text-align:center;">21ゲート内壁面</span>
21ゲート内壁面
<span style="display: block; text-align:center;">22ゲート</span>
22ゲート

<河村康輔氏コメント>
「昨シーズンの東京ドーム巨人戦を実際に観戦し、試合の熱気やスタジアムのスケールの大きさを身をもって体感しました。作品すべての全長でみると、今までで一番大きな作品になっています。色々なエリアでこれらのグラフィックを見られるのが自分でも楽しみです」

<河村康輔氏プロフィル>
グラフィックデザイナー、アートディレクター、コラージュアーティスト。アパレルブランドやメディアにアートワークやグラフィックを提供するだけでなく、ライブイベントのフライヤー、DVDやCDのジャケット、本の装丁など幅広い活動を行っている。また、コラージュアーティストとして、様々なアーティストとのコラボレーション、国内外での個展やグループ展に参加している。
Instagram:https://www.instagram.com/kosukekawamura/