「岡本和真ハピアニプロジェクト」今シーズンも動物福祉活動を支援

2022.03.23その他

 岡本和真選手は今季も、公益社団法人日本動物福祉協会を通じて、恵まれない環境にある動物を「救う・つくらない」活動を支援する「岡本和真HAPPY ANIMALプロジェクト」に取り組みます。

 岡本選手は、昨季このプロジェクトを立ち上げ、昨年12月には「公式戦で記録した打点数×1万円」の113万円を同協会に寄付しました。寄付金は、飼育放棄や虐待などの被害を受けた「不幸な動物を救う活動」や、望まれずに生まれてくる犬や猫などを減らすために不妊・去勢手術への助成を行う「不幸な動物をつくらない活動」など、多くの動物を救うために役立てられました。

 今シーズンも昨年同様、打点数に応じた寄付を継続するのに加え、新たに「岡本ハピアニグッズ」を企画・販売して収益金を寄付する計画で、ファンの皆様にも支援の輪に加わっていただくことを目指しています。

■岡本選手のコメント
「今シーズンは昨年より多く打点をあげ、チームのリーグ優勝・日本一に貢献し、少しでも多くの動物たちを幸せにできるように頑張ります。またこの活動が一人でも多くの方に伝わり支援の輪が広がってくれると嬉しいです」

 公益社団法人日本動物福祉協会は動物福祉の理解と知識の向上を目的に寄付と会費だけで成り立つ団体です。ホームページはこちら

<span style="display: block; text-align:center;">ハピアニロゴ</span>
ハピアニロゴ
<span style="display: block; text-align:center;">譲渡犬と新しい飼い主</span>
譲渡犬と新しい飼い主

 選手、球団職員、そしてファンの皆様が手を取り合って、より良い社会を目指すG hands プロジェクト。今後も様々な活動を展開していきます。活動内容はこちら