東京ドームワクチン接種、対象を拡大 都会場で18日から都内在勤・在学も受け入れ

2022.03.17その他

 東京ドームで今月から実施している新型コロナウイルスワクチンの追加接種(3回目接種)事業は、3月18日(金)から、都内全域の在住者だけでなく、都内に在勤・在学されている方にも対象を広げることになりました。3回目の接種券をお持ちの18歳以上で、神奈川、千葉、埼玉などから都内に通勤・通学されている方であれば接種を受けることができます。予約なしでも接種は可能です。

 東京都の東京ドーム会場(2階コンコースの三塁側)では、都の「新型コロナウイルスワクチン接種ポータルサイト」を通じて前日までに予約される方の接種枠を1日800人分、予約なしの方の接種枠を1日400人分、それぞれ用意しています。予約される方の時間帯は、午前9時~午後2時(最終受付は午後1時30分)、予約なしの方の時間帯は、午前9時30分~午後1時30分(最終受付は午後1時)です。会場内では予約の有無で受付を分けていますが、その後の接種の流れは同じですので、受付後の所要時間に変わりはありません。

 東京都の4区(文京区、新宿区、港区、板橋区)在住の方を対象とした接種も引き続き、2階コンコースの一塁側で実施しています。利用には各区の予約サイトによる前日までの予約が必要です。東京ドーム会場全体では1日最大2500人のワクチン接種が可能で、4区在住の方も東京都の接種会場を利用することができます。

 東京ドーム会場の今後の接種日は、3月は18日(金)、22日(火)、23日(水)の3日間で、4月は11日(月)、20日(水)、21日(木)、27日(水)、28日(木)の5日間です。5月の接種日は決まり次第、各自治体のホームページ等でお知らせします。

 4区と東京都による合同接種事業は、読売巨人軍と読売新聞社、東京ドーム、三井不動産の4社が、ワクチン接種会場として東京ドームを無償提供し、会場の運営についても全面的に協力しています。会場近隣の医療機関なども合同で協力しています。

 接種会場では、ジャイアンツのマスコット「ジャビット」、公式マスコットガール「ヴィーナス」らが来場者をお迎えし、メインビジョンではジャイアンツ戦の名場面集を上映します。プレゼントとして、巨人軍の公式動画配信サービス「GIANTS TV」1か月無料視聴カードとジャイアンツオリジナル不織布マスク(2枚組)を全員分、キリンビバレッジの飲料「キリン iMUSE 水」を先着5万人分、それぞれ用意しています。