巨人戦のスタッフユニホームを「ユナイテッドアローズ」がプロデュース

2022.03.24その他

 東京ドームのリニューアルに合わせて、今シーズンから、東京発のセレクトショップ「ユナイテッドアローズ」が巨人戦のスタッフユニホームをプロデュースして刷新しました。
新しいユニホームを着るのは、シーズンシートの一部エリアのアテンダント、シーズンシートカスタマーデスクのスタッフ、場内外のサービススタッフです。

<span style="display: block; text-align:center;">ダイヤモンドボックスアテンダント</span>
ダイヤモンドボックスアテンダント

<ダイヤモンドボックスアテンダント>
巨人戦における最高ランク「ダイヤモンドボックス」専属アテンダントにふさわしいエレガントさに加え、観客席の移動を考慮しスカートの裾にプリーツを入れて動きやすくするなど機能性も備えました。

<span style="display: block; text-align:center;">アテンダント</span>
アテンダント

<グループ席、プレミアムラウンジアテンダント>
ジャケットスタイルのユニホームに、白のカットソーと、ジャイアンツカラーのオレンジのポケットチーフを合わせ、親しみやすさを演出。カジュアルになりすぎないことで、アテンダントへの信頼感も感じさせるコーディネートです。

<span style="display: block; text-align:center;">カスタマーデスクスタッフ</span>
カスタマーデスクスタッフ

<シーズンシートカスタマーデスクスタッフ>
場内のシーズンシート窓口での対応業務が中心となるカスタマーデスクスタッフ向けユニホームには、裾がタイトなワンピースを採用しました。

<span style="display: block; text-align:center;">サービススタッフ(ポロシャツ)</span>
サービススタッフ(ポロシャツ)
<span style="display: block; text-align:center;">サービススタッフ(ブルゾン)</span>
サービススタッフ(ブルゾン)

<サービススタッフ>
場内外での幅広い業務を担うサービススタッフ向けユニホームは、ポロシャツは動きやすさにトレンドを加味したルーズなシルエットに、ブルゾンは襟元を立てたフーディスタイルにしました。素材には再生ポリエステルも一部使用しています。
なお、サービススタッフ向けユニホームは、東京ドームで行われる巨人戦以外のイベントやコンサートでも使用されます。