大間中が初優勝~GIANTS杯青森県中学校軟式野球大会~

2022.05.30その他

 「第13回GIANTS杯青森県中学校軟式野球大会」の決勝戦が29日、大進建設スポーツ広場第一野球場(同県青森市)で行われました。下北地区代表の大間中が上北地区代表の堀口中に延長8回タイブレークの末、11対10でサヨナラ勝ち、初優勝を飾りました。

 優勝した大間中には高田誠ジャイアンツアカデミー副校長よりGIANTS杯、賞状、金メダルが授与されました。大会の最優秀選手には、サヨナラ打を放った小島琉生(こじま・るい)選手が選ばれ、表彰式でジャイアンツの坂本勇人選手のサイン入りバットが贈られました。

■最優秀選手賞の小島琉生選手(大間中)
 「サヨナラの場面での打席で緊張しましたが、絶対に勝つという気持ちで打席に入りました。監督さんに「打ってこい」と声をかけられ、吹っ切れました。(バットがプレゼントされ)坂本選手のファンなのでうれしいです」

■主将の竹内柊人選手(大間中)
 「優勝できてうれしいですが、大量リードをして、気が緩んでしまった部分がありました。そこは反省しないといけないです。試合の後半はチーム全体で声が途切れないよう意識しました。この大会では一球の大切さを学んだので、今後の大会に活かしていきたいです」

 試合の詳しい結果や、今大会の様子などはこちらでご紹介しています。

<span style="display: block; text-align:center;">坂本選手のサイン入りバットを<br />贈られた最優秀選手賞の小島選手</span>
坂本選手のサイン入りバットを
贈られた最優秀選手賞の小島選手
<span style="display: block; text-align:center;">準優勝の堀口中の選手たち</span>
準優勝の堀口中の選手たち
<span style="display: block; text-align:center;">閉会式であいさつをする高田副校長</span>
閉会式であいさつをする高田副校長