「TOKYO UNITE」発足、巨人軍など東京14チーム・団体が協力

2022.07.07その他

<span style="display: block; text-align:center;">マウンド前に並び、いっせいに投げました</span>
マウンド前に並び、いっせいに投げました
<span style="display: block; text-align:center;">14チーム・団体の代表者らが参加した記者会見</span>
14チーム・団体の代表者らが参加した記者会見
<span style="display: block; text-align:center;">「ご恩返しのつもりで活動に積極的に尽力し<br />ていく」と述べた読売巨人軍の山口オーナー</span>
「ご恩返しのつもりで活動に積極的に尽力し
ていく」と述べた読売巨人軍の山口オーナー

 読売ジャイアンツなど東京をホームタウンとする14のスポーツチーム・団体が協力しあい、新たな価値を生み出すプロジェクト「TOKYO UNITE」の発足が7日、発表されました。水泳、野球、サッカー、バスケット、ラグビー、卓球、大相撲の7つの競技の14チーム・団体が、相互マーケティング、共同でのグッズ開発・店舗などでの販売のほか、子供たちへの支援など社会問題に向き合って発信やアクションを起こしていきます。

 14チーム・団体の代表者らが出席し、来賓に室伏広治・スポーツ庁長官と小池百合子・東京都知事を迎えて同日昼に行われた記者会見では、まず「Tokyo Frog Kings」(水泳)の北島康介ゼネラルマネージャーが「様々なパートナーやスポーツ庁、東京都ともいっしょになって、大きなインパクトを作っていきたい」と意気込みを語りました。株式会社読売巨人軍の山口寿一・取締役オーナーは「読売巨人軍は88年間、東京を本拠地に活動してきた。TOKYO UNITEが取り組むのは、スポーツをもっと発展していく事、東京をもっと魅力ある街にしていく事、東京から社会貢献を広げていく事だと理解している。ファンの皆さまへの、また東京という街へのご恩返しのつもりで、活動に積極的に尽力していく」と述べました。

 「TOKYO UNITE」の詳細はこちら

 同日午後6時から東京ドームで行われた巨人対ヤクルト戦の試合開始前には、巨人軍・岡本和真ら14チームの選手らが各自のユニホーム姿でマウンド前に横に並び、いっせいに始球式を行いました。

 始球式を行った14人のコメントは以下の通りです。
〇Tokyo Frog Kings(水泳) 北島康介ゼネラルマネージャー
 「豪華なメンバーの始球式に参加させていただいて大変うれしく思います。TOKYO UNITEの横の連携を活かし、子どもたちをはじめ、東京の未来のためになる活動をしていきたいと思います」

〇アルバルク東京(バスケットボール) 安藤周人選手
 「初めての始球式でかなり緊張しましたが、とりあえず変なところに投げなくて良かったです。またこのような機会があれば、今度は一人で投げてみたいです」

〇サンロッカーズ渋谷(バスケットボール) 西野曜選手
 「TOKYO UNITEのメンバーがいたので心強かったです。ベンドラメ礼生(レオ)選手が参加できなくなってしまったので、レオさんの分まで思いを込めて投げました。気持ちが入りすぎて左の方に飛んで行ってしまいましたが、それもいい思い出です。始球式楽しかったです!」

〇木下グループスポーツアンバサダー(卓球) 水谷隼さん
 「小学校時代にソフトボールをしていたので、多くの方の前で始球式を行えたことをうれしく思い、その中でいいボールが投げられたので満足しています。TOKYO UNITEという新しい取り組みで、東京のスポーツ界がより一層盛り上がることを期待しています。また、この活動を通して子どもたちがスポーツをできる環境・機会が広がっていくことを願っています」

〇東京ヴェルディ(サッカー) 小池純輝選手
 「テレビや、実際に東京ドームでも観戦したこともあるのですが、グラウンドの中に立ったときの感じが違いました。広くて、すごく楽しかったです。ビジョンもすごい大きくなっていて、球場自体は広いんですけど、意外とよくみると、観戦してくれる方の顔も見えたりするので選手の気持ちを味わえました。(自分のピッチングは)ノーバンで届いたので良かったです。きっと練習していなかったらバウンドしていたと思うので、練習の成果はあったと思います。ありがとうございました!」

〇日テレ・東京ヴェルディベレーザ(サッカー) 岩清水梓選手
 「すごく楽しい時間で、あっという間に終わっちゃいました。外野に一列に並んだ時に野球場の広さを目の当たりにして『こんな広さ、外野3人じゃ守れない』ってみんなで話していました。野球やライブで東京ドームに来たことはありましたが、すごく広かったです。(自分のピッチングは)迷惑をかけないように、少し置きにいったところはありますが、ノーバウンドで届いたので良かったです。ありがとうございました!」

〇FC東京(サッカー) 森重真人選手
 「TOKYO UNITEのスタートという記念すべき日に、始球式を務めさせていただき大変光栄でした。東京ドームのグラウンドに降りるのは初めてだったので、緊張しましたが楽しかったです。14チーム・団体が垣根を越えて力を結束し、東京を盛り上げていければと思います。今後の活動に期待してください」

〇FC町田ゼルビア(サッカー) 平戸太貴選手
 「東京ドームという素晴らしい環境で楽しみながら、思い切り良いコースに投げることができて良かったです。少し緊張しましたが、マウンドから見えた光景は興奮しましたし、忘れることはないと思います。TOKYO UNITEを通して、東京の子どもたちに元気を与えられるように頑張ります!」

〇東京サントリーサンゴリアス(ラグビー) 小澤直輝選手
 「東京ドームでの始球式という貴重な経験をさせていただきありがとうございました!このTOKYO UNITEに参加するチームのファンの皆さまが競技の垣根なく、スポーツを楽しんでいただけたらうれしいです!」

〇東芝ブレイブルーパス東京(ラグビー) 松永拓朗選手
 「無事に始球式を終えることができました。とても良い経験をすることが出来ました。ありがとうございます。引き続き、応援よろしくお願いします」

〇リコーブラックラムズ東京(ラグビー) 武井日向選手
 「始球式を終えて、こんな貴重な経験をすることが出来て、うれしく思います。TOKYO UNITEを通して、東京のスポーツを盛り上げて行ければと思います。チームとしても頑張っていきたいと思います」

〇日本相撲協会(相撲) 間垣親方
 「スポーツの垣根を越えて、アスリートの方々と始球式をすることができ、一生の思い出になりました。思い切って投げることができました。これから親方として、スポーツ界・東京都の発展に向けて精一杯頑張ります。本日はありがとうございました!」

〇読売ジャイアンツ(野球) 岡本和真選手
 「球団を代表して始球式に参加させていただき光栄に思います。東京を本拠地とする各競技のトップチーム、そして偉大なアスリートの皆さまと交流できてうれしく思います。TOKYO UNITEをきっかけに少しでも多くの方々がスポーツに関心、興味を持っていただけるように精一杯自分たちができることをしていきます。ここ東京から日本スポーツを盛り上げていけるように心をひとつに取り組んでいきます」

〇東京ヤクルトスワローズ 村上宗隆選手
 「名だたるアスリートの皆さんと、このような場で一緒に投げる事ができて光栄でした。このプロジェクトへの期待を込めて投げました。14 団体が中心となって東京のスポーツを盛り上げて行けるように、これからも全力プレーで頑張ります」