2本の2ランを放つも逆転負け 2戦連続2ケタ失点で5連敗

2022.07.17チーム

 東京ドームで行われた広島東洋カープとの18回戦。A.ウォーカー選手と中田翔選手の2ランで先制するも、3試合連続満塁本塁打を含む3本の本塁打を浴び、5-10で敗戦。5連敗となりました。

 先発としての初勝利を目指す高橋優貴投手は初回、2者連続四球を与えるも後続を断ち、無失点で切り抜けました。打線はその裏、先頭・吉川尚輝選手が右前安打で出塁すると、続くウォーカー選手の左翼ポール直撃本塁打で2点を先制。3回にも、2死一塁から中田選手の左越本塁打で、さらに2点を追加しました。

 リードをもらった高橋投手は4回、1死二塁から坂倉選手に中越適時二塁打を浴びると、3者連続四球の押し出しで追加点を許しマウンドを降りました。代わった2番手・鍬原拓也投手が代打・堂林選手に左中間へ逆転満塁本塁打を浴び、この回6点を失いました。

 2点を追う4回、代打・岡田悠希選手がプロ初安打を放つと、2死一、二塁から丸佳浩選手の右前適時打で1点を返します。しかし、5回以降は無得点に終わりました。

 3番手・高梨雄平投手は5、6回と無失点に抑えるも、7回、4番手・今村信貴投手が代打・中村健選手に右中間ソロ本塁打を浴びました。8回には、5番手・菊地大稀投手が磯村選手に左越本塁打を浴び、さらに2点を失いました。

 9回、プロ初登板となった6番手・山本一輝投手が、無死一、三塁から秋山選手の右前適時打で追加点を許します。

 その裏、広島の守護神・栗林投手の前にランナーを出すことができず、試合終了。5-10で敗れ、5連敗となりました。

 試合の詳細はこちらから。


 今日のハイライトを GIANTS TV で配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!