戸郷翔征投手が2回2奪三振無失点 小林誠司選手、A.ウォーカー選手は途中出場

2022.07.26チーム

 マイナビオールスターゲーム2022の第1戦が26日、PayPayドームで行われ、巨人軍からは全セの代表として、戸郷翔征投手、小林誠司捕手、A.ウォーカー選手が出場しました。大勢投手、菅野智之投手、中田翔選手、岡本和真選手、丸佳浩選手は新型コロナウイルス陽性により、坂本勇人選手は仙腸関節炎のため、出場辞退しました。

 1点リードの3回から2番手で登板した戸郷投手は、先頭の今宮選手(ソフトバンク)を空振り三振、高部選手(ロッテ)に三塁失策で出塁を許しますが、柳田選手(ソフトバンク)を二ゴロ、浅村選手(楽天)はカウント1-2からフォークで空振り三振に打ち取りました。4回は、先頭の吉田正選手(オリックス)に中前安打、山川選手(西武)を中飛、森選手(西武)には右翼線安打を浴び、1死一、三塁のピンチを背負いますが、グラシアル選手(ソフトバンク)を遊直、宗選手(オリックス)を左飛に打ち取り、無失点で切り抜けました。最速150キロの直球とフォークを織り交ぜ、2回を2奪三振、2安打無失点に抑えました。

 6回からマスクをかぶった小林選手は、7回の打席で空振り三振に倒れましたが、森下投手(広島)など、3人の投手をリードし、存在感を示しました。

 同点で迎えた8回に、6回の守備から途中出場のウォーカー選手に打席が回りますが、高めの直球を打ち上げ、右飛に倒れました。

 巨人3選手も奮闘しましたが、9回裏に清宮選手(日本ハム)が本塁打を放ち、全パがサヨナラ勝ちを収めました。

3人の投手をリードした小林捕手
3人の投手をリードした小林捕手
8回2死、右飛に倒れたウォーカー選手
8回2死、右飛に倒れたウォーカー選手
小林選手、戸郷投手、駒田3軍監督、ウォーカー選手
小林選手、戸郷投手、駒田3軍監督、ウォーカー選手