7 月 31 日のDeNA戦中止について

2022.07.30チーム

 7月31日に予定されている横浜スタジアムでの横浜DeNAベイスターズとの公式戦について、 当球団では、本来必要な内野手4人のうち、31日の試合は3人しか確保できない見通しとなったことから、横浜DeNAベイスターズにご報告し、当球団の状況をご理解いただい た上で、12球団による持ち回りの臨時実行委員会で試合中止のご了承を得ましたので、お知らせいたします。

 当球団では23日までの5日間に、支配下選手69人中38人が新型コロナウイルスの陽性判定を受け、故障による離脱者を除くと、試合に出場できる野手が捕手2人、内野手2人、外野手5人の9人になったことから、28日に 支配下登録70人枠の最後の1枠を、育成契約の 勝俣翔貴内野手を支配下登録して埋め、1軍の公式戦に出場可能な内野手を3人に増やしました。それでも内野手が1人不足している状態で、29、30両日の横浜DeNAベイスターズとの公式戦の中止を申し入れた上で、31日の試合挙行を目指して、27~29日に順次隔離期間を終えた計11人の内野手について、1人でもベンチ入りさせることができないか復帰当日からコンディション回復に向けたトレーニングを続けてきました。

 しかし、復帰した内野手11人全員、1週間~10日の自宅隔離期間中、全力疾走や全力投球をする機会が全くなく、自室での器具を使ったトレーニングや素振り程度しか体を動かすことができていませんでした。このうち、最も早い27日に復帰した3人について、29日夕方の時点で、この3日間のトレーニングの結果を確認したところ、3人とも上半身及び下半身の筋力が公式戦に出場できる水準に戻るにはまだ数日かかり、このまま31日の試合に出場させた場合、大きな故障につながりかねないことから、3人とも31日にベンチ入りさせることは不可能と判断いたしました。残る8人についても、コンディションの回復状態 はこの3人以下の状態です。

 隔離から復帰した選手たちは現在、隔離期間中に落ちた筋力等を回復するためのトレーニングを懸命に続けています。当球団としては、選手たちがコンディション不良のまま実戦に臨んで大きな故障をしないことに留意しながら、試合挙行に必要な最低限の選手数がそろった時点で、すみやかに公式戦に臨むことにいたします。何卒、ご理解をいただきたくお願いいたします。