ジャビットカップチャンピオン大会2022が開幕

2022.08.04その他

<span style="display: block; text-align:center;">宮本和知・ジャイアンツアカデミー校長<br />が「感謝の気持ちを持って」とあいさつ</span>
宮本和知・ジャイアンツアカデミー校長
が「感謝の気持ちを持って」とあいさつ
<span style="display: block; text-align:center;">東村山3RISEの尾崎凱來主将が力強く選手宣誓</span>
東村山3RISEの尾崎凱來主将が力強く選手宣誓
<span style="display: block; text-align:center;">亀井コーチの始球式に歓声が上がりました</span>
亀井コーチの始球式に歓声が上がりました

 読売巨人軍が主催する小学生の軟式野球大会「ジャビットカップチャンピオン大会2022」(共催:読売新聞社、報知新聞社)の開会式が4日、東京ドームで行われました。

 今年度出場チームは東京都と川崎市の予選を勝ち進んだ54チームとなりますが、開会式には、そのうち51チームの選手、監督、コーチら約1000人が参加しました。主催者を代表して読売巨人軍野球振興部ジャイアンツアカデミーの宮本和知校長が「ありがとうの反対の言葉は当たり前。ジャビットカップチャンピオン大会に出場できるのは、監督、コーチや保護者の皆さんのおかげだということを忘れず、感謝の気持ちを持つこと。この開会式では保護者の方は東京ドームに入る事ができませんでしたが、決勝戦でこの東京ドームで戦っている姿を見せられるよう頑張ってください」とあいさつしました。
    
 選手宣誓では、東村山3RISE(東村山市代表)の尾崎凱來主将が「ユニフォームが真っ黒になるまで練習を重ねてきました。この舞台に立つことができたのは、監督やコーチの指導があったからです。いつもお弁当を作ってくれるお母さん、いつも練習につき合ってくれたお父さん。この大会を開催してくださった関係者の方々。最後の一球まであきらめず全力でプレーすることを誓います」と力強く宣誓しました。

 始球式には、ジャイアンツの亀井善行コーチがスペシャルゲストとして登場し、会場から歓声が上がりました。

 大会は8月11日に1回戦が始まり、9月18日に東京ドームで決勝戦が行われる予定です。

 試合予定や試合結果はこちらでご紹介します。