岡本和真選手が先制タイムリーを放つも 先発C.C.メルセデス投手が踏ん張れず連勝ストップ

2022.08.09チーム

 バンテリンドームで行われた中日ドラゴンズとの15回戦。岡本和真選手、G.ポランコ選手にタイムリーが飛び出すも、先発C.C.メルセデス投手が二度のリードを守り切れず。3-2で敗戦。5連勝とはなりませんでした。

 打線は初回、1死から重信慎之介選手が左前安打を放つと暴投で二進。2死から岡本選手が右前に適時打を放ち幸先よく先制に成功します。

 6勝目を狙う先発メルセデス投手は初回、中日打線を三者凡退に抑えます。しかし2回、2死三塁から7番・石垣選手に適時打を許し同点に追いつかれます。

 同点に追いつかれた直後の3回、丸佳浩選手が四球で出塁すると2死からポランコ選手が右翼線に適時二塁打を放ち勝ち越しに成功します。

 援護を貰ったメルセデス投手でしたが、その裏岡林選手に適時二塁打を放たれ再び同点に追いつかれます。さらに5回、先頭の大島選手に右前安打、内野安打で1死一、三塁のピンチを迎えると4番・ビシエド選手に適時内野安打を打たれ勝ち越しを許します。ここでメルセデス投手はマウンドを降りました。後を受けた2番手赤星優志投手は後続をしっかりと打ち取り最少失点で切り抜けます。

 6回、7回はこの日一軍に復帰した今村信貴投手、平内龍太投手がともに無失点に抑えます。8回は高木京介投手が登板。得点圏に走者を背負うも後続を打ち取り得点は与えませんでした。

 1点を追う打線は中日投手陣の前に反撃の糸口を見いだせず、6回以降無安打に抑えられます。9回も相手守護神R.マルティネス投手の前に走者を出すことができず、試合終了。4月以来の5連勝とはなりませんでした。

 試合の詳細はこちらから。