坂本勇人選手が一軍復帰後初適時打も 投手陣が乱れ連敗

2022.08.17チーム

 横浜スタジアムで行われた横浜DeNAベイスターズとの15回戦。3回、坂本勇人選手の一軍復帰後初適時打、中田翔選手の適時二塁打などで3点を先制しましたが、中盤に投手陣が乱れ、3-7で逆転負けを喫しました。2連敗となりました。

 打線は3回、大城卓三選手の中前安打、重信慎之介選手の四球、吉川尚輝選手の内野安打で1死満塁のチャンスを作ると、坂本選手が一軍復帰後初適時打を放ち、幸先よく先制しました。さらに、丸佳浩選手の内野ゴロの間に1点を奪うと、続く中田選手にも左翼線を破る適時二塁打が飛び出し、計3点を先取しました。

 5回には、吉川選手が安打と暴投で無死二塁のチャンスを演出しますが、後続が倒れ得点には繋がりませんでした。

 先発のC.C.メルセデス投手は初回、2四球で2死一、二塁のピンチを背負いますが、後続を断ち無失点で切り抜けました。その後は、テンポの良い投球で3イニング連続3者凡退で抑えるなど、4回まで安打を許さない好投を見せました。

 しかし3点リードの5回、1死満塁から桑原選手に2点適時打を浴びると、楠本選手のセーフティースクイズでさらに1点を返され、同点に追いつかれました。5回を投げ切ったところで降板。被安打4、3失点で中継ぎ陣にマウンドを託しました。

 6回は2番手の赤星優志投手が登板しますが、ソト選手に2点本塁打を浴び、勝ち越しを許しました。

 3番手の井上温大投手は、7回を3者凡退に抑えますが8回、宮崎選手に2点本塁打を浴びたところで降板しました。4番手の平内龍太投手が後続を断ち、味方の反撃を待ちました。

 援護したい打線でしたが、6回以降はDeNAの中継ぎ陣を前に無安打、無得点に抑えられ、2連敗となりました。

 試合の詳細はこちらから。

 今日のハイライトを GIANTS TV で配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!