山崎伊織投手、7回途中1失点も4敗目 打線3安打で援護できず完封負け

2022.08.19チーム

 東京ドームで行われた阪神タイガースとの19回戦。先発の山崎伊織投手が7回途中1失点で力投するも、打線がわずか3安打で援護できず。0-4で敗戦し、4連敗を喫しました。

 先発は自身2連勝中で好調の山崎伊投手。初回から3イニング連続で3者凡退と、落ち着いた立ち上がりを披露。以降は走者を出しながらも、コーナーを丁寧に突く投球で6回まで得点を許しませんでした。しかし0-0で迎えた7回、先頭のロハス・ジュニア選手に二塁打を浴び、続く佐藤輝選手へ2球目を投じたところでアクシデント発生。異変を訴え、7回途中被安打3で緊急降板しました。

 2番手・今村信貴投手が後を受けるも、佐藤輝選手に適時打を浴びて先制点を献上。その後、糸原選手にも安打を許して1死一、二塁のピンチを招きましたが、3番手・平内龍太投手が後続を打ち取って最少失点で切り抜けました。

 打線は阪神先発・西勇投手に苦戦し、4回まで無安打。5回には2死から大城卓三選手がチーム初安打となる右前打で出塁するも、好機につながりませんでした。

 8回、4番手・I.クロール投手が2点適時三塁打と暴投で3点を失い、リードを大きく広げられました。9回、5番手・鍵谷陽平投手が3者凡退でテンポよくつなぐも、最後まで得点を挙げられず。完封負けを喫しました。
 
 試合の詳細はこちらから。

 今日のハイライトを GIANTS TV で配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!