G.ポランコ選手が同点2ラン放つも カード負け越しで5位転落

2022.08.28チーム

 マツダスタジアムで行われた広島東洋カープとの24回戦。2点を追う4回、G.ポランコ選手が同点2ランを放つも、投手陣の崩れや失策が響き、6-4で敗れました。

 初回、先頭・吉川尚輝選手の右中間二塁打、丸佳浩選手の四球などで1死一、三塁とすると、中田翔選手の中犠飛で先制します。続く岡本和真選手が適時二塁打を放ち、この回2点を奪いました。4回にはポランコ選手の19号2ランで同点としました。

 約2か月ぶりに先発マウンドへ上がった赤星優志投手は初回、2死満塁から堂林選手に左前適時打を浴び、同点に追いつかれると、3回に坂倉選手の2ランで勝ち越され、3回4失点で降板しました。

 2番手・今村信貴投手が4回は無失点に抑えたものの、5回堂林選手に適時二塁打を浴び、再び勝ち越されます。6回には3番手・鍵谷陽平投手が登板するも、2死一、二塁から矢野選手の内野安打を吉川選手が一塁へ悪送球し、その間に追加点を許しました。7回、4番手・R.デラロサ投手はランナーを出すも、無失点で切り抜けました。
 
 2点を追う8回、先頭・岡本選手の中前安打、ポランコ選手の四球、途中出場・若林晃弘選手の左前安打で無死満塁のチャンスを演出するも、後続が倒れ無得点。

 8回、5番手・平内龍太投手が2死一、三塁とピンチを背負うも無失点に抑え、反撃したい打線でしたが、9回広島の守護神・栗林投手の前に三者凡退に倒れ、得点を挙げられず試合終了。6-4で敗れ、5位に転落しました。

 試合の詳細はこちらから。