9回2死から中島宏之選手の適時打で同点に 延長12回の熱戦は決着つかず引き分け

2022.09.02チーム

 甲子園で行われた阪神タイガースとの22回戦。先発の戸郷翔征投手が要所を締める投球で阪神打線を封じ込めますが、巨人打線も相手先発の西勇投手から得点を奪えず試合は投手戦に。8回にここまで無失点に抑えてきた戸郷投手が近本選手の適時三塁打などで2失点しました。後がない巨人は9回に若林晃弘選手の犠飛と、代打・中島宏之選手の適時打で土壇場で同点に追いつき延長戦へ。延長では救援陣が好投を見せ無失点に抑えましたが、打線が得点できず試合終了。2-2で引き分けとなりました。

 巨人の先発はリーグトップタイの12勝目を狙う戸郷投手。初回にいきなり2本の安打を許し1死一、三塁のピンチを迎えましたが、2者連続三振で後続を断ち無失点に抑えました。4回にも2死一、二塁のピンチを招きましたが、得点圏では安打を許しません。要所を締める投球で阪神打線に本塁を踏ませませんでした。

 好投の戸郷投手を援護したい打線は初回。2死から丸佳浩選手の二塁打と中田翔選手の四球で一、二塁の好機を迎えましたが、後続が凡退。4回にも岡本和真選手、若林選手、吉川尚輝選手の3者連続の安打で2死満塁としましたが、ここでもあと一本が出ず、西勇投手に無得点に抑えられました。

 試合が動いたのは8回。ここまで無失点の戸郷投手が先頭の中野選手に安打を許し、糸原選手の犠打で1死二塁のピンチを迎えると、近本選手に右翼越えの適時三塁打を打たれ先制を許しました。その後に内野ゴロの間にも1点を失い、この回の2失点で試合の均衡が破れました。

 後がない巨人は9回。先頭の中田選手、岡本選手の連打で一、三塁とし、若林選手の犠牲フライで1点を返すと吉川選手にも安打が飛び出し、2死ながら一、二塁と好機を演出。一打同点の場面で代打の中島選手が左翼に適時打を放ち2点目。土壇場で同点に追いつきました。

 9回裏には平内龍太投手が登板し、3人で抑える好投を見せ、試合は延長戦へ。10回途中からは高梨雄平投手、11回には大勢投手、12回にはR.デラロサ投手が投げ、それぞれ無失点に抑えましたが、打線が阪神の救援陣を攻略できずに2-2で試合終了。2試合続けての引き分けとなりました。

 試合の詳細はこちらから。

 今日のハイライトを GIANTS TV で配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!