好投の赤星優志投手を援護する中田翔選手の決勝2ランで2連勝

2022.09.04チーム

 甲子園で行われた阪神タイガースとの24回戦。先発の赤星優志投手が6回を無失点に抑える好投をみせると、阪神先発の西純投手も巨人打線を6回まで1安打と完璧に抑え込み、互いに譲らぬ投手戦となりました。均衡を破ったのは、7回、中田翔選手の値千金の2ランホームランで先制に成功すると、その後も救援陣が無失点に抑え、接戦をものにしました。

 先発は、3か月ぶりの勝利を目指す赤星投手。3回、2死から連打を浴び一、三塁のピンチを背負うも、後続を断ち無失点で切り抜けました。6回まで毎回走者を出すものの、二塁を踏ませたのはこの一度だけ。結局、赤星投手は6回を73球でまとめる好投で味方の援護を待ちました。

 好投を続ける赤星投手を援護したい打線でしたが、阪神先発の西純投手に6回までわずか1安打に抑えられ、終盤戦に突入しました。試合が動いたのは7回、先頭の丸佳浩選手がストレートの四球を選ぶと、代走に増田大輝選手を送ります。中田選手の初球を捉えた打球は、レフトスタンドに飛び込む貴重な先制2ランホームランとなりました。

 7回以降は、2番手のI.クロール投手、3番手の鍵谷陽平投手、4番手の高梨雄平投手が走者を一人も出さない完璧な投球で無失点に抑えました。最終回のマウンドには守護神・大勢。走者を出すも後続を抑え、0-2で勝利し、3カードぶりの勝ち越しとなりました。

 試合の詳細はこちらから。

 今日のハイライトを GIANTS TV で配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!