大城卓三選手、終盤の2点適時打も反撃及ばず 中日に2連敗で借金7

2022.09.10チーム

 東京ドームで行われた中日ドラゴンズとの22回戦。0-5とリードされて迎えた8回、大城卓三選手が中前へ2点適時打を放って3点差に詰め寄りましたが追撃できず。2-5で敗れ、2連敗となりました。

 今季6勝目を狙って先発のC.C.メルセデス投手は初回、先頭の岡林選手に二塁打を浴びましたが、無失点で切り抜けました。安定した投球内容で4回まで0を並べましたが、5回、先頭のA.マルティネス選手に右翼席にソロ弾を浴びて先制点を献上。6回に連打で1死二、三塁のピンチを招いたところで降板しました。後を受けた2番手・畠世周投手も犠飛で1点を失いました。

 打線は中日先発・小笠原投手を打ちあぐね、3回まで3イニング連続で3者凡退に倒れました。4回2死から丸佳浩選手が四球で出塁するも、続く中田翔選手が二ゴロに打ち取られ、得点を挙げられず。1点を追う5回には先頭の岡本和真選手がチーム初安打となる右前打を放ちましたが、後続が倒れました。

 7回は3番手・今村信貴投手が無失点でつなぐも、8回から登板の4番手・平内龍太投手が2本の適時打と犠飛で3失点。リードを大きく広げられました。

 5点を追う8回、先頭の岡本選手が左前打で出塁すると、1死から坂本勇人選手がフェンス直撃の二塁打でつなぎ、1死二、三塁の好機を演出。続く大城選手の中前適時打で2点を返すも反撃はここまででした。

 9回、5番手・鍬原拓也投手が無失点。打線は、A.ウォーカー選手の四球と岡本選手のこの日3本目の安打で攻め立てたものの、及びませんでした。

 試合の詳細はこちらから。

 今日のハイライトを GIANTS TV で配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!