大城卓三選手の決勝2ランなど4発で快勝 菅野智之投手は7回1失点で9勝目

2022.09.19チーム

 東京ドームで行われたDeNAベイスターズとの21回戦。先発の菅野智之投手は7回5安打1失点の好投で9勝目を挙げました。攻撃では、好投手・今永投手から中田翔選手、大城卓三選手、G.ポランコ選手、丸佳浩選手の4選手がホームランを放ち効率よく得点を重ねました。終盤に2被弾も逃げ切り、勝利しました。

 菅野投手は初回、先頭の桑原選手に二塁打を許し、続く打者の犠打で1死三塁のピンチを招くと、3番・佐野選手にライト前へ運ばれ先制を許します。しかし、その後は安定した投球を見せ、4回から3イニングはひとりの走者も出しません。結局、7回まで無四球と制球よく最少失点で抑えました。

 打線は2回、先頭の中田選手のソロホームランですぐさま同点に。続く岡本和真選手が左前安打で出塁し、2死後に大城選手がライトに勝ち越し2ランホームランを放ちました。その後も今永投手から4回にポランコ選手、6回に丸選手がソロホームランを放ちリードを4点に広げました。

 8回のマウンドに上がったのは鍵谷陽平投手。先頭打者にホームランを浴びましたが、その後2人の打者を打ち取り、高梨雄平投手にスイッチ。打者1人を打ち取ると、9回は守護神・大勢投手がマウンドへ。先頭の佐野選手にソロホームランを浴びましたが、その後3人を打ち取り34セーブ目を挙げました。

 試合の詳細はこちらから。

 今日のハイライトを GIANTS TV で配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!