7人の投手リレーで1点のリードを死守 3連勝でCS進出へ一歩前進

2022.09.21チーム

 横浜スタジアムで行われた横浜DeNAベイスターズとの22回戦。初回、中田翔選手の適時打で1点を先制。その後同点に追い付かれますが5回、若林晃弘選手の内野ゴロの間に1点を奪い勝ち越し。この1点をリリーフ陣が守り切り、2-1で勝利。連勝を3に伸ばしました。

 打線は初回、先頭の吉川尚輝選手が中前安打で出塁。2つの内野ゴロの間に三塁まで進むと、4番・中田選手が中前に適時打を放ち先制に成功します。

 先発は約1か月ぶりの登板となったM.シューメーカー投手。2回、先頭の牧選手に四球、さらに1死からソト選手にも四球を与え得点圏に走者を背負いますが、7番・伊藤選手を併殺打に打ち取りピンチを脱します。3回は2死から四球と安打で一、二塁のピンチを迎えますが、3番・佐野選手を遊ゴロに仕留め無失点。しかし、4回1死から宮崎選手にソロ本塁打を浴び同点を許します。

 勝ち越したい打線は5回、G.ポランコ選手、A.ウォーカー選手の連打、大城卓三選手の犠打で1死二、三塁とチャンスを広げます。シューメーカー投手の代打・若林選手の二ゴロの間にポランコ選手が生還し、勝ち越しに成功します。6回、先頭の坂本勇人選手が四球で出塁。続く丸佳浩選手が内野安打を放つと、4番・中田選手が犠打。1死二、三塁から5番・岡本和真選手が四球を選び満塁としますが、ポランコ選手、ウォーカー選手が倒れ、追加点を挙げることができません。

 2番手・畠世周投手は5、6回を3者凡退に抑える好リリーフを見せます。7回は3番手・平内龍太投手が四球を与えるも無失点。8回、4番手・高梨雄平投手が2死を取ったところで5番手・鍵谷陽平投手が登板。しかし、連打を浴び一、三塁のピンチを迎えると、ここでR.デラロサ投手がマウンドに。6番・ソト選手を二飛に打ち取りピンチを切り抜けました。9回のマウンドに上がった大勢投手は2者連続三振を奪うなど相手打線を3者凡退に抑え、新人最多セーブ記録にあと1と迫る36セーブ目をマーク。連日の接戦を制し、3連勝としました。

 試合の詳細はこちらから。

 今日のハイライトを GIANTS TV で配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!