先発・C.C.メルセデス投手が5回1失点の好投も あと一本が出ず完封負け

2022.09.22チーム

 横浜スタジアムで行われた横浜DeNAベイスターズとの23回戦。先発のC.C.メルセデス投手は初回に先制を許すも、その後は立ち直り5回1失点の好投。しかし打線はDeNA投手陣の前に2度の満塁のチャンスを作るもあと一本が出ず、0-3の完封負け。連勝は3でストップしました。

 先発は6月4日以来の白星を目指すメルセデス投手。初回、先頭・桑原選手に左翼線二塁打を許し、犠打で1死三塁のピンチを背負うと2死後、4番・牧選手の中前適時打で先制点を奪われます。

 打線は初回、2回ともに安打で出塁するも後続が倒れ得点につながりません。3回、1死からメルセデス投手が中前打を放ち、坂本勇人選手、丸佳浩選手の連続四球で2死満塁と一打逆転の好機を迎えましたが、4番・中田翔選手が中飛に倒れ無得点に終わりました。

 メルセデス投手は2回以降、持ち前のテンポのいい投球で要所を締め、粘りのピッチングを披露。5回1失点でマウンドを降りました。

 後を託された中継ぎ陣でしたが6回、2番手・平内龍太投手が宮崎選手に2試合連続となる本塁打を浴び、追加点を許します。続く安打と四球で1死一、二塁としたところで3番手・鍬原拓也投手に継投。安打を許し1死満塁とするも代打・オースティン選手を空三振、桑原選手を左飛に抑え、追加点を防ぎました。

 7回、4番手・I.クロール投手が1死満塁のピンチを背負うと代打・関根選手の犠牲フライで3点目を奪われました。

 打線は8回、先頭・吉川尚輝選手の右前打から四球と相手のエラーで無死満塁とこの日最大の好機を作りましたが、中田選手、岡本和真選手、代打・中島宏之選手が倒れ無得点。2度目の満塁のチャンスも生かせませんでした。

 9回はDeNAの守護神、山崎投手の前に走者を出せず試合終了。CS進出に向けて負けられない試合が続く中、痛い敗戦となりました。

 試合の詳細はこちらから。

 今日のハイライトを GIANTS TV で配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!