トップ  >  ダイジェスト

試合結果ゲームトップ

8月4日 対阪 神18回戦・東京ドーム

山崎伊が8回を3安打無失点で3勝目!打線も2回に一挙5点を奪い連敗ストップ

 東京ドームで行われた阪神タイガースとの18回戦。中田翔の先制適時二塁打を含む4者連続の適時打などで2回に一挙5点を奪い、序盤から大きくリードした。先発の山崎伊織は初回から圧巻の投球で阪神打線を封じ込め、8回を無四球、3安打無失点で勝利投手に。7-0で勝利し、連敗を4で止めた。

 先発のマウンドに上がった山崎伊は、初回、2回を三者凡退に抑える上々の立ち上がりを見せ、迎えた3回。2連打を浴び、無死一、二塁のピンチを迎えたが、冷静な投球で後続を断ち、無失点に抑えた。

 打線は2回、岡本和真の左前安打とG.ポランコの四球で無死一、二塁の好機を作ると、中田が右中間に二塁打を放ち先制に成功。その後も勢い止まらず大城卓三、中山礼都、山崎伊と、中田から4者連続の適時打を放ち計4点を入れ、相手先発のウィルカーソンをマウンドから降ろした。さらに岡本が2打席目で押し出しの四球を選び、この回5点目。打者一巡の猛攻で阪神を大きく突き放した。

 7回には丸佳浩が1死から20号のソロホームランを放ち6点目。丸はこれで7年連続の20号到達となった。8回にも2死から代打の増田陸が5号ソロを放ち7点差とした。

 山崎伊は4回以降も安定した投球を続け、阪神打線に的を絞らせない。5回以降は自身最長の8回までひとりの走者も出さず。三塁を踏ませない圧巻の投球を見せた。

 9回には井納翔一が登板。島田に安打を許したものの無失点で締め、7-0で勝利した。

 山崎伊は5月18日以来の勝利で3勝目。チームも7月18日以来の勝利で連敗を4で止め、後半戦初勝利を挙げた。


 今日のハイライトを GIANTS TV で配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!

 

長いイニングを抑えられて後半戦のいい一歩が切れたと思います

Q:山崎投手にとっては初めての8回のマウンドでした。どんな気持ちで投げ切りましたか

A:7回終わった時に、桑田投手コーチから「もう1回、1人ずつ1アウトずついこう」という話をしてもらいました

Q:5回以降はパーフェクトピッチングでした。ご自身で良かったと思う点はどこでしょうか
A:試合がない2週間の時間をすごく有効に使えました。一球一球丁寧に練習した分、しっかり投げられたと思います

Q:実戦がなかなかない中で、具体的にどういったことを意識して練習してきましたか
A:制球力が今年のテーマで、原監督からも前日に「ストライクゾーンでどんどん勝負していこう」と言っていただいたので、ストライクゾーンで今日は勝負できたかと思います

Q:周りの野手の皆さんのサポートはいかがでしたが
A:いつも難しい打球をアウトにしてもらっているので、自分も何とか絶対抑えるという気持ちだけは絶対に持ちながら投げました

Q:打者としては、2回に4者連続タイムリーの4人目でした。バッティングを振り返っていかがでしたか
A:打てるかどうかは分からないですがバッティングは好きなので、毎日先発ピッチャーと練習しています。1点取ることは難しいので、頑張りました

Q:プロ初めての8イニングということで、最終回も投げたい思いはありましたか
A:もちろんありましたが、桑田投手コーチから手術明けなので球数とイニング数はしっかり管理していだいているので。その中でも8回はお願いして行かせてもらった回だったので絶対に抑えないといけなかったですね

Q:2か月半ぶりの勝ち投手でした。この勝利はどんな1勝になりそうですか
A:長い間、勝ちが遠かったので、長いイニングを抑えられて後半戦のいい一歩が切れたと思います

Q:最後に東京ドームのファンの皆さんにメッセージをいただけますか
A:一戦一戦勝つぞという気持ちでみんな戦っているので、これからも応援よろしくお願いします

 

今日は(山崎伊は)非常に攻める気持ちというか。非常によかったですね

Q:山崎伊織投手が、8回無失点とナイスピッチングでした
A:球数が多い投手ではあったんですけど、今日は非常に攻める気持ちというか。ストライクを取ることに対して自分のピッチングができたと思います。非常によかったですね

Q:途中、今まで投げてこなかった90キロのカーブもありました。組み立ての成長を感じたのではないでしょうか
A:まだ彼はスタートしたばかり、今年からローテーションに入っているという。すべてが勉強という形で、安心することなく、攻めるということが重要だと思いますね

Q:今日は連打、長打と打線が機能しました
A:久しぶりにつながったイニングもありましたし、中押し、ダメ押しという形で点を取れたのも大きいと思います

Q:連敗を脱出し、明日から首位ヤクルトとのカードになります
A:またフラットな状態で戦いに挑むというところですね