GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ニュース  >  GIANTS ニュース一覧  >  GIANTS ニュース詳細

GIANTS NEWS
GIANTS ニュース

2019年2月

チームファーム

初の対外試合・サムスン戦は11対1と快勝~那覇キャンプ4日目

写真

3連続適時打3打点の丸選手


写真

3安打猛打賞の吉川尚選手


写真

2点適時打のビヤヌエバ選手


写真

本塁打を放った陽選手


写真

鍬原投手が九回を3人でピシャリ


写真

クック投手がフリー打撃に初登板

 那覇キャンプ4日目の16日は、今キャンプ初の対外試合となるサムスンライオンズとの練習試合が行われました。丸佳浩選手が3打席連続適時打で3打点、ビヤヌエバ選手が2点適時二塁打を放つなど、新加入選手が揃って活躍し、11対1で快勝しました。

 初回、先頭の吉川尚輝選手が右中間を深々と破る三塁打を放つと、続く丸佳浩選手の右線適時二塁打で鮮やかに先制しました。さらに相手投手の四死球で満塁とした後、暴投で1点追加。さらにビヤヌエバ選手の左翼フェンス直撃の2点適時二塁打で、4対0とリードを広げました。
 
 二回、炭谷銀仁朗、吉川尚両選手の連打で無死一、三塁とすると、またも丸選手が右翼に適時打。さらに坂本勇人選手の犠飛で、6対0と突き放しました。

 先発のヤングマン投手は、初回を三者凡退と上々の立ち上がりを見せると、二回は2安打されながらも後続を断ち、無失点に抑えました。

 三回、陽岱鋼選手が左翼に本塁打を放ち、7対0としました。さらに二死一、三塁で丸選手が3打席連続となる適時打を左翼に放ち、1点を追加しました。

 四回一死一、二塁から陽、中島宏之両選手の連続適時打などでこの回3点を奪いました。

 三回から登板した2番手の今村信貴投手は、3回を2安打1四球2奪三振の投球で無失点に抑えました。

 六回から3番手の坂本工宜投手が登板、2イニング目の七回、左翼への本塁打で1点を返されました。しかし、坂本工投手が許した安打はこの1本のみで、3回を1安打無四球2奪三振の投球で1失点に抑えました。

 九回は、鍬原拓也投手が3人でピシャリと抑えました。 
 
■初回、2点適時打のビヤヌエバ選手
 打ったのはシンカーかな。詰まったけどうまくバットは振り抜けた。詰まった分、ホームランにならなかったね。

■三回、本塁打の陽選手
 打ったのはまっすぐ。打てのサインでタイミング良く思い切り振りぬけました。

■3連続適時打3打点の丸選手
 実戦の中でいい経験が出来ました。きょうは3安打という(良い)結果も出ましたし、内容も悪くなかったと思います。あすも試合があるので継続していけたらと思います。

<イニングスコア>
サムスン 000 000 100|1
巨  人 422 300 00X|11

<巨人本塁打>
陽(三回、ソロ)

<投手リレー>
ヤングマン(2回)、今村(3回)、坂本工(3回)、鍬原(1回)―炭谷、小林

<スターティングメンバー>
1(二)吉川尚   
2(中)丸     
3(遊)坂本    
4(三)岡本      
5(左)ゲレーロ
6(指)ビヤヌエバ 
7(右)陽     
8(一)中島    
9(捕)炭谷
投手 ヤングマン

          ◇

 この日の午前に行われたフリー打撃に、クック投手が登板。初めて打者と対戦し、52球を投げました。

■クック投手
 コーチが配慮してくれて良いキャンプになっています。例年、アメリカではこの時期にキャンプインなので、この時期に52球投げられたことに満足しています。


 一方、宮崎市のKIRISHIMAサンマリンスタジアムで、二軍対三軍の試合(5回制)を行い、二軍が5対1で勝ちました。

 二軍は三回、先頭の笠井駿選手が、三軍2番手の山川和大投手から中前打で出塁すると、加藤脩平選手の適時二塁打で先制。五回には、無死一、二塁の場面で笠井選手が適時三塁打を放ち、2点を追加しました。その後も湯浅大選手の犠飛などで2点を挙げ、リードを広げました。

 三軍は、先発した堀岡隼人投手が2回無安打無失点2四球、最速148キロと好投ししました。新人では、2番・遊撃で黒田響生、3番・中堅で山下航汰、5番・三塁で松井義弥選手が実戦デビューを果たしました。松井選手は初打席で右前打を放ちました。

■2安打2打点の笠井選手
 今日は朝起きたときからやってやろうという気持ちでした。2本とも2ストライクからで、追い込まれてからの打撃ができてきているのもよかったです。これからも(良い)結果を出していくだけです。

■三軍先発の堀岡投手
 実戦で投げるのが久しぶりですが、トレーニングでやってきたことが力になってきているように感じています。

■実戦デビューで初安打の松井選手
 少し甘く入ってきたボールをとらえることができました。ミスしたときに声が出ていなかったことが反省点です。