GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ニュース  >  GIANTS ニュース一覧  >  GIANTS ニュース詳細

GIANTS NEWS
GIANTS ニュース

2013年11月

チーム

久保、越智、河野ら10選手が契約更改

写真

初本塁打を振り返り「すごく自信になった」と河野選手


写真

チームへの恩返しを誓う久保投手


写真

同じく越智選手も復活を誓いました

 久保裕也、越智大祐、河野元貴ら10選手が29日、東京・大手町の球団事務所で来季の契約更改を行いました。

 今季初めて一軍出場を果たし、8月25日のDeNA戦で初安打を初本塁打で飾った河野選手は記者会見で、「すごく自信になった」と振り返り、「来年からもっと満足できる成績を残したい」と飛躍を誓いました。

 昨年に右肘じん帯の再建手術を受け、今年6月にイースタンリーグ公式戦で復帰を果たした久保投手は「自分の思ったところに投げられる技術を取り戻す段階にきている」と現状を説明。来季のキャンプ、オープン戦に向けて「状態もだいぶ上がってきていると秋季練習で手ごたえを感じている。キャンプから飛ばしていけたら」と復活へ意気込みをみせました。

 また、同じく一昨年の手術を受け、今季二軍で復帰を果たした越智投手は、「野球の難しさをまた感じた1年だった」と一軍復帰を果たせなかったことを悔しがっていました。それでも、新しい球種の習得に取り組んでいることを明かし、「また一軍で登板できるよう頑張る」と久保投手同様に復活を誓いました。

 一軍で91試合に出場し、好捕で度々チームを救った松本哲選手は、打撃では2割3分7厘と奮わなかったことから、「全く納得のいく数字は残せなかった」と悔しさを露わにし、「課題は見えている。何が良いのか、悪いのかをしっかり考えながらやっていく」と来季の巻き返しを誓いました。


 同じくこの日契約を更改した6選手のコメントは以下の通りです。

◆加治前竜一選手◆
「チャンスをもらって、その中で結果を残せなかった。バッティングが売りなので、矢野さんが代打で出た後に出られるようにしなくてはいけない。(オフの課題は)強い打球を打てるよう考え方も変えて、長打も打てるというアピールが出来るよう取り組んでいきたい」

◆香月良太投手◆
「あっという間の1年だった。登板数も少なく、一軍登録数も短かったので来年はもうちょっと頑張っていかなければと思う。(オフの間に)体力を付けます」

◆井野卓選手◆
「(楽天から移籍し)皆さんが声をかけてくれて溶け込みやすかった。自主トレでは實松さんから、いつ試合に出るか分からない状況での準備の仕方などを吸収し、来季はずっと一軍に定着して優勝する戦力として貢献できるようにしたい」

◆藤村大介選手◆
「打撃でアピール出来なかったことが一番足りなかったと感じている。『自分が絶対にレギュラーになるんだ』という強い気持ちで、来年は与えられるチャンスは最後だと思ってやっていく」

◆高木京介投手◆
「試合数は昨シーズンを上回る46試合に投げられたが、内容的には悔いの残るシーズンだった。下半身を鍛え直して、来年は今年以上の成績を残したい」

◆大田泰示選手◆
「今年こそはという気持ちが強かったが、自分と球団の期待通りの活躍ができなかった事がすごく悔しい。自分をしっかり見つめなおし、自分自身を問い詰めて、追い込んで自主トレをやっていきたい」