GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ニュース  >  GIANTS ニュース一覧  >  GIANTS ニュース詳細

GIANTS NEWS
GIANTS ニュース

2021年9月

チーム

亀井善行選手がスタメン起用に応える2安打1打点も 終盤に逆転負け

写真

2安打1打点の亀井選手

 甲子園で行われた阪神タイガースとの16回戦。スタメン起用の亀井善行選手が2安打を放ちましたが、終盤に逆転を許しました。首位攻防3連戦の初戦を落とし、3-7で敗れました。

 打線は、阪神先発の西勇投手の前に4回まで無得点に抑えられましたが、5回に先頭の亀井選手がスタメン起用に応える中前安打で出塁すると、1死後に大城卓三選手が右前安打でつなぎ一、三塁とチャンスを演出。続く松原聖弥選手がフェンス直撃の2点適時三塁打を放ち、先制に成功しました。
 続く6回には、2死から岡本和真選手が左翼線二塁打を放ち出塁すると、ここでも亀井選手が右中間を破る適時三塁打を放って1点を追加。3点のリードを奪いました。

 先発の戸郷翔征投手は5回まで相手打線を無安打に封じ込める完璧な立ち上がりを見せました。しかし6回、適時打を浴びて1点を失うと、7回には、二塁打と四球などで1死満塁から大山選手に同点となる2点適時二塁打を浴び、ここで降板しました。

 さらにピンチが続くと、2死満塁から4番手の大江竜聖投手が、中野選手に走者一掃の勝ち越し適時三塁打を浴び、この回一挙5失点で3点のリードを許しました。8回には、5番手の戸根千明投手が大山選手にダメ押しの適時打を浴びて突き放されました。

 打線は7回以降、阪神の中継ぎ陣に無得点に抑えられ、反撃できませんでした。終盤に逆転を許し、首位攻防戦は黒星スタートとなりました。

 試合の詳細はこちらから。