CORPORATE会社情報

会社概要

社名
株式会社 読売巨人軍
所在地
〒100-8151
東京都千代田区大手町1丁目7番1号 読売新聞ビル26階
役員
取締役オーナー
山口 寿一
取締役オーナー代行
松田 昇
代表取締役社長
今村 司
専務取締役終身名誉監督
長嶋 茂雄
取締役
村岡 彰敏
取締役
溝口 烈
取締役総務本部長兼事業本部長
・連盟・コンプライアンス担当
星 春海
常勤監査役
田中 隆之
監査役
真砂 靖
執行役員球団副代表
編成本部長・スカウト担当
大塚 淳弘
創立
昭和9年12月26日
職員数
189人(2021年6月1日現在)

沿革

セ・リ-グ優勝38回、日本選手権制覇22回

昭和9年12月
「大日本東京野球倶楽部」(巨人軍の前身)の創立総会を開催
昭和10年12月
第1回アメリカ遠征 フランク・オドール氏の提唱により「東京ジャイアンツ」と仮命名。のちに「東京巨人軍」となる
昭和11年4月
第1回日本職業野球リーグ戦開幕。東京巨人軍は第2回アメリカ遠征の為不参加
昭和11年7月
日本職業野球連盟結成記念全日本選手権東京大会で公式戦初試合
昭和11年12月
日本職業野球秋季リ-グ戦で初優勝
昭和19年11月
戦況悪化で野球試合不可能のため球団解散(会社存続、営業中止)
昭和22年4月
東京巨人軍を「東京読売巨人軍」と改称
昭和25年3月
セントラルリーグ、パシフィックリーグの2リーグ制がはじまる
昭和26年9月
セ・リーグ初優勝
昭和26年10月
日本シリーズで南海を破り、セ・パ分立後初の日本一
昭和30年2月
イースタン・リーグ結成
昭和48年11月
日本シリーズで南海を制し、V9達成
昭和52年9月
王貞治選手が756本塁打の世界記録を達成し、初の国民栄誉賞を受賞
昭和63年3月
東京ドーム落成
平成4年6月
「読売興業株式会社」株主総会で「株式会社よみうり」と改称
平成14年7月
「株式会社よみうり」を分割、「株式会社 読売巨人軍」発足
平成17年5月
初のセ・パ交流戦がスタート
平成17年11月
アディダス ジャパンとのオフィシャルパートナー契約を調印
平成18年3月
野球スクール「ジャイアンツアカデミー」開校
平成19年5月
球団通算5,000勝達成
平成19年11月
ファン組織「GIANTS CLUB G-Po」発足
平成24年6月
セ・パ交流戦初優勝
平成25年5月
長嶋茂雄終身名誉監督、松井秀喜元選手が国民栄誉賞を受賞
平成25年10月
主催72試合の総入場者数が、平成17年の実数発表以降初めて300万人を超える(3,008,197人)
平成26年4月
キューバ野球連盟と友好協定締結
平成26年12月
ドーム社とパートナーシップ契約締結。アンダーアーマーの新ユニホームを発表
平成27年3月
社会貢献活動「Ghandsプロジェクト」を開始。1日の東京ドームでのオープン戦終了後、選手、職員とファン計約300人が、グラウンド上で救命救急講習
平成27年4月
ジャイアンツ球場で行われた巨人対阪神のファーム交流戦に、同球場過去最多の入場者数3646人。集客策「GIIプロジェクト」の効果
平成27年8月
神宮球場のヤクルト戦で、公式戦通算1万試合。女子学童による「シスタージャビットカップ」を創設。東京ドームで開会式
平成28年6月
巨人が新たに編成した三軍が、台湾に遠征。地元大学チームなどと対戦
平成28年9月
巨人の主催全72試合の総入場者数が、4年連続300万人超えの300万4108人に
平成28年10月
東京都稲城市にファーム用の新球場を建設するため、土地売買予約契約を締結
平成28年11月
巨人OB選抜と台湾OB選抜の慈善試合を台湾・台中インターコンチネンタル球場で開催
平成29年11月
新しいプライマリーマークを発表
平成30年2月
読売巨人軍宮崎キャンプ60年を記念した「ジャイアンツvsホークスOB戦」をサンマリンスタジアム宮崎で開催
平成30年5月
東京ドームの中日戦で、公式戦入場者実数発表以降最多の4万6855人
平成31年2月
球団公式通販サイトが「ジャイアンツオンラインストア」としてリニューアルオープン
平成31年3月
スポーツ専門動画配信サービス「DAZN」と包括提携を締結。巨人主催試合のインターネット配信を開始
令和元年9月
令和元年の総入場者数は302万7682人で、公式戦入場者実数発表以降で最多
令和2年6月
新型コロナウイルス感染拡大の影響で、予定より約3か月遅れで公式戦開幕。開幕戦に勝って球団通算6000勝を達成
令和2年12月
ミズノ社とオフィシャルサプライヤー契約を発表。ニューエラとオフィシャルキャップ契約
令和3年11月
長嶋茂雄終身名誉監督が文化勲章を受章。スポーツ界で2人目、プロ野球界で初
令和3年12月
女子硬式野球チームの創設を発表