九回に猛反撃も…初回の失点が響き連勝は3でストップ

チーム

    写真
    九回無死満塁、岸田選手が2点適時打

     マツダスタジアムで行われた広島東洋カープとの10回戦。巨人は6点を追う九回、無死満塁での岸田選手の2点適時打などで4点をかえしましたが、追い上げ及ばす、連勝は3で止まりました。試合は先発の田口投手が初回、坂倉選手の3点本塁打などいきなり5点のリードを許す苦しい展開となりました。田口投手は、その後立ち直りを見せましたが、6回を6失点でマウンドを降りました。打線は、四回に中島選手の適時打で1点をかえしますが、先発のルーキー森下投手に八回まで1点に抑えられました。九回は2番手の島内投手、3番手のフランスア投手を攻めて、2点差とし、本塁打が出れば同点の場面まで追い詰めましたが、後続を断たれ、結果的に初回の大量失点が響きました。

     試合の詳細はこちらから

      一覧に戻る