今村投手が養護施設の子どもたちにランドセル贈呈

2022.03.19その他

 今村信貴投手が児童養護施設の新一年生にランドセルを贈る「今村ランドセル基金」の贈呈式が18日、オンラインで行われました。

 「今村ランドセル基金」は、尊敬する内海哲也投手(現西武)が行っていた「ランドセル基金」の活動を巨人軍選手として引き継いで2019年シーズンから始めた支援活動で、1年目は17個、2年目は18個のランドセルを贈りました。

 3年目の今回は、昨季の登板数17に勝利数3を足した数と同じ20個を東京都内の児童養護施設の新一年生に贈ります。贈呈式では、今村投手に名前を呼ばれた子どもたちが真新しいランドセルを背負って元気よく登場。今村投手は「入学おめでとう。良かったね。友達をたくさん作って楽しい小学校生活を送ってください」とお祝いのメッセージを贈りました。
 
 贈呈式後の質問タイムで「ストレッチの仕方を教えて」と聞かれた今村投手は「投げる前のストレッチを教えるからで試してみて」と肘を伸ばすストレッチを披露。子どもたちがスクリーンの前で真似をすると、「みんな上手にできてるよ」と目を細めていました。また、「苦手な食べ物を食べるときはどうしますか」の質問には、「僕はトマトが苦手なんだけど、好きなお肉と一緒だと美味しく食べれるよ」とアドバイスしました。

 最後に、3日前に誕生日を迎えた今村投手に子どもたちから「おめでとうございます。何歳になったんですか?」と質問があり、今村投手は「28歳になりました」とはにかみながら答え、和やかに交流を締めくくりました。

■今村投手のコメント
「施設で暮らしている子供たちは様々な事情で親元を離れ、辛い思いをしている子がたくさんいると聞いています。1試合でも多く登板して、来年も新1年生に笑顔を届けられればと思っています」

<span style="display: block; text-align:center;">メッセージ色紙も贈りました</span>
メッセージ色紙も贈りました
<span style="display: block; text-align:center;">一緒にストレッチ</span>
一緒にストレッチ
<span style="display: block; text-align:center;">ランドセルを背負った新一年生</span>
ランドセルを背負った新一年生

 選手、球団職員、そしてファンの皆様が手を取り合って、より良い社会を目指すG hands プロジェクト。今後も様々な活動を展開していきます。活動内容はこちら