ジャイアンツ球場で「沖縄デー」募金を実施

2022.05.09その他

 「沖縄デー」として開催された8日のイースタン・リーグ公式戦・ヤクルト戦(ジャイアンツ球場)では、首里城に象徴される沖縄の歴史と文化の継承のための募金活動が行われ、総額2万6673円の善意が集まりました。ファンの皆様、ご協力ありがとうございました。

 募金にご協力いただいた方のうち抽選で選ばれた6人には、沖縄県出身の大城卓三選手、與那原大剛投手のサイン入りタオル、Tシャツが贈られました。

 お寄せいただいた募金は、読売巨人軍の社会貢献活動「G hands」の支援金としてお預かりし、琉球文化の継承のために役立てられます。

 選手、球団職員、そしてファンの皆様が手を取り合って、より良い社会を目指すG hands プロジェクト。今後も様々な活動を展開していきます。活動内容はこちら