M.シューメーカー投手が7回途中3失点も 打線が振るわず2試合連続の完封負け

2022.07.14チーム

 甲子園で行われた阪神タイガースとの15回戦。先発のM.シューメーカー投手が、7回途中を3失点にまとめましたが、打線が阪神先発の伊藤将投手を最後まで攻略できず、0-3で連敗しました。

 5勝目を目指し、先発したシューメーカー投手でしたが、初回にいきなり3連打を浴び、1点を先制されました。4回には、梅野選手にソロ本塁打を浴び、さらに1点を失いました。5回、6回は3者凡退に抑えましたが7回、先頭のロハス選手にソロ本塁打を浴び3点目を失いました。続く梅野選手に四球を与えたところで降板。7回途中を被安打6、3失点でした。

 2番手で登板した赤星優志投手は、無死一塁の場面で、バント併殺打に打ち取り、無失点で切り抜けました。8回は、この日昇格した3番手の菊地大稀投手が無失点で抑え、味方の反撃を待ちました。

 打線は、阪神先発の伊藤将投手の前に3回まで無得点に抑えられました。4回に、2死から岡本和真選手、G.ポランコ選手の連打でチャンスを作りますが、後続が倒れ得点には繋がりませんでした。5回以降も、伊藤将投手を攻略できず、8回まで得点を奪うことはできませんでした。

 一矢報いたい打線でしたが、9回を3者凡退に抑えられ、2試合連続の完封負けを喫しました。打線が沈黙し、カード負け越しとなりました。

 試合の詳細はこちらから。

 今日のハイライトを GIANTS TV で配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!