Feature

読売巨人軍のビジネスモデル

株式会社読売巨人軍は、プロ野球チームを経営する企業です。
日本一有名なスポーツチームを支えるビジネスモデルについて紹介します。

巨人軍の売上

売上はチケット収入と放映権料が大きな柱となっています。チケット収入には年間の東京ドームで行われるチケットを一括で契約する「シーズンシート」と、日付を選択して購入する一般チケットに大別されます。放映権料とは、巨人戦を中継するための放映権を各メディアに買い取っていただく対価としてテレビ局などから支払われる権利料のことです。他にもスポンサー企業からの協賛金収入、グッズを販売することで得られる収入、ファンクラブ会員からの年会費収入、ジャイアンツアカデミー会員からの月会費といった事業収入も、球団を支えています。

など

巨人軍の費用

費用の代表的なものに選手年俸や興行経費があります。興行経費は、試合を運営するためのスタッフ人件費から、来場者プレゼントとして配布されるユニホームの製作費といった販売促進費用まで多岐にわたります。その他にも試合を開催するために必要な球場使用料、チームの宿泊、移動、食事といったチーム運営にかかる費用もあります。

など

巨人軍の投資

収入が費用を上回ってはじめて「利益」が生じます。この利益をどう使うかがとても大事です。利益の使いみちとして代表的なのが「投資」です。投資を行う主な目的は「収入を拡大する」ことにあります。そのため、投資の対象は、商品(巨人軍というチームの価値、巨人戦の価値)をよりよくするために使われることが中心です。
ここ数年、東京ドームには高価格のシーズンシートが毎年新しく登場しています。よりよい観戦環境をつくり、高い付加価値を付けて販売する。これも売上アップに直結する投資です。
そして、球団としても力を入れて取り組んでいる野球振興も「投資」の側面があります。野球人口を増やすことによってファンが増えます。ファンが増えれば市場が拡大します。ジャイアンツを応援してくれる人が増えれば、収入増につながります。また、野球をプレーする人口が増えればそれだけ技術に優れた選手が輩出され、将来プロ野球選手になって、ジャイアンツの戦力となり、スターに成長すればファンを呼んでくれます。
毎年ファンに満足してもらえるような魅力的なチームをつくり、魅力的な試合(観戦体験)を提供するためには、絶えず利益を上げることが必要なのです。

選手獲得 戦力向上による勝利数増加
シーズンシート増強 高収益シート増加による売上アップ
野球振興 底辺拡大による将来の選手、ファン、市場を拡大

巨人軍の理念

上記の企業活動を行う上でも、そのエンジンとなる「理念」が必要です。理念として存在する社是は、まさに株式会社読売巨人軍が担っている使命を表しています。この使命を未来に向かってずっと果たしていくために、企業活動を行っているのです。

社是

株式会社読売巨人軍は、常勝ジャイアンツの旗を掲げ、野球界をリードするとともに、全国的な人気球団として広くファンの獲得に努める。野球教室などの振興事業に率先して取り組み、国民的スポーツとしての野球人口のすそ野拡大をめざす。読売グループの中核会社の一翼を担い、ブランド力と収益力を高めてグループの一層の発展に寄与する。

pagetop