富山、金沢で骨髄バンクドナー登録会

2015.09.02

説明を受ける橋本さん
説明を受ける橋本さん

読売巨人軍の社会貢献活動「G handsプロジェクト」の一環として、巨人対ヤクルト戦が予定されていた1日の富山市民球場と2日の石川県立野球場で、巨人軍として今年3回目の開催となる「骨髄バンクドナー登録会」が行われました。

 両球場で行われた「ジャイアンツスクエア」では、骨髄バンク普及大使の佐々原聖子さんが、骨髄バンク支援ソングである「Amazing Grace」の生歌を披露し、ドナー登録の必要性を来場者にPRしてくれました。

 2日に観戦に来てドナー登録に協力していただいた、石川県内の病院に勤める看護師の橋本優子さん(23)は「以前からドナー登録をしようとずっと思っていましたが、なかなか機会がありませんでした。 今日のように試合前に登録会を行ってくれたことで登録することができて良かったです。今後のG handsの活動にも注目していきたいです」と話してくれました。

 富山では19人、金沢では17人の方が、ドナー登録にご協力いただきました。皆様ありがとうございました。

 選手、球団職員、そしてファンの皆様が手を取り合って、より良い社会を目指すG handsプロジェクト。骨髄バンクをはじめ、今後も様々な活動を展開します。皆様のご協力、よろしくお願い致します。