ジャイアンツジュニアはヤクルトに敗れ、決勝トーナメント進めず

2019.12.28その他

 12球団のジュニアチーム(小学5、6年生)のナンバー1を決める「NPB12球団ジュニアトーナメント2019 supported by 日能研」の2日目となる28日、ジャイアンツジュニアは東京ヤクルトスワローズジュニアと対戦し3対8で敗れました。予選2試合で1勝1敗となり、決勝トーナメント進出はなりませんでした。

 試合は初回にソロ本塁打などで2点を失い、昨日同様、追いかける展開となりました。5点リードされたジャイアンツジュニアは五回表、佐藤龍月選手の二塁打などで一死二、三塁の好機を作り、8番・中澤隆将選手の中前打で2点を返して反撃しました。しかしその後、相手に追加点を許し、追いつくことが出来ませんでした。

 1勝1敗でも得失点差の優位な1チームがワイルドカードとして決勝トーナメントに進出できるルールの今大会ですが、ジャイアンツジュニアは惜しくも届きませんでした。

 加藤監督は「自分たちの世代のトップレベルを体感することができたことは、大きな財産。これから壁にぶち当たることがあるかもしれないけど、それを乗り越えて頑張っていってほしい」と選手たちにエールを送りました。

 ジュニアトーナメントの詳細はこちら

<span style="display: block; text-align:center;">先発の津島悠翔投手</span>
先発の津島悠翔投手
<span style="display: block; text-align:center;">2番手の川上幸希投手</span>
2番手の川上幸希投手
<span style="display: block; text-align:center;">試合終了後、スタンドにあいさつするナイン</span>
試合終了後、スタンドにあいさつするナイン
<span style="display: block; text-align:center;">東京、札幌、広島から巨人軍の<br />応援団が駆けつけてくれました</span>
東京、札幌、広島から巨人軍の
応援団が駆けつけてくれました