ウクライナ緊急募金に166万円――「OUR NEW FUTURE.」プロジェクト

2022.03.28その他

 読売巨人軍は、3月25~27日の開幕3連戦(東京ドーム・中日戦)で、ウクライナの子どもたちを支援するための緊急募金を実施し、来場者の皆さまから3日間合計で166万3660円の善意が寄せられました。ご協力に厚く感謝いたします。

 この募金は、戦災に見舞われているウクライナの子どもたちとその家族を支援するための球団緊急プロジェクト「OUR NEW FUTURE.」の一環として行われたもので、集まった募金は、公益財団法人日本ユニセフ協会が設ける「ウクライナ緊急募金」に全額寄付します。
また、同プロジェクトでは、チャリティーTシャツの販売とチャリティーオークションも行っており、それぞれの収益金(製作費、取扱手数料等の諸経費を除く)も併せて「ウクライナ緊急募金」に寄付されます。

 チャリティーTシャツは、生命の尊さを表すハートマークと「OUR NEW FUTURE.」の文字をウクライナ国旗カラーで表現したオリジナルデザインで、4月3日23時59分まで、公式通販サイト「ジャイアンツオンラインストア」で好評販売中です(税込み価格3,850円)。

 また、原辰徳監督や坂本勇人選手、菅野智之投手ら一軍の選手とコーチ陣が直筆サインを施したチャリティーTシャツ44点が、オークションサイト「ヤフオク!」に出品されており、3月30日正午まで入札を受け付けています。

 戦禍で家族や住む家、学びの場を失い、食糧も衣類も医療体制も不足しているウクライナの小さな命を救うために、引き続き、皆さまのご理解とご協力をお願いいたします。

日本ユニセフ協会「ウクライナ緊急募金」の詳細はこちら

<span style="display: block; text-align:center;">ヴィーナス、ジャビットファミリーも支援を呼びかけ</span>
ヴィーナス、ジャビットファミリーも支援を呼びかけ

 選手、球団職員、そしてファンの皆様が手を取り合って、より良い社会を目指すG hands プロジェクト。今後も様々な活動を展開していきます。活動内容はこちら